• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 日本メディカル福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 本田 治樹さん(こども福祉学科/保育士)

みんなから信頼される保育士を目指しています

先輩の仕事紹介

入学時からめざしていた児童養護施設の職員。見事、志望の施設で働くことになりました

保育士
こども福祉学科/2019年卒
本田 治樹さん

この仕事の魅力・やりがい

職員として子どもたちの日常生活の補助や、自立のための援助を行っています。社会福祉法人大阪水上隣保館には児童養護施設のほかに、児童心理治療施設、乳児院などがあるため、その分働く人も多く、手本になる先輩が多いので、日々学びながら業務にあたっています。私は、行事委員も担当しているのですが、通常の業務の合間に行事の準備を進めるのは大変です。でも、参加する子どもたちが笑顔になってくれることを考えると、前向きな気持ちで作業することができます。当日、子どもたちが楽しんでいる姿を見ると、これまでの苦労が吹き飛んでしまいます。

学校で学んだこと・学生時代

福祉全般の知識、乳幼児の成長発達過程等の知識、成年後見制度等の法律分野などを学びました。児童養護施設の実習では、現場の大変さや楽しさを直接学ぶことができ、とても貴重な経験になりました。また、実技科目では、ピアノの練習に力を入れていました。入学するまでは全くピアノを弾くことができなかったのですが、先生に授業以外の時間も教えていただき、弾けるようになれたことは本当に感謝しています。講義では、現場経験が豊富な先生方が多くいらっしゃるので、現場で活きる実践的な指導を受けることができました。わからないことがあれば丁寧に教えてくれ、相談にも親身にのってくれました。

子どもの成長や変化について記録に残すのも大切な仕事

分野選びの視点・アドバイス

将来、自分がなりたい職業のために、どんなことを学べば良いか、どんな資格を取得すれば良いかを考え、自分に適していると思える学校を選ぶことが大切だと思います。そして気になる学校にはオープンキャンパスに参加して、先生や在校生とお話しし、学校の雰囲気を肌で感じてみてください。僕は、オープンキャンパスに参加して、学校生活など気になることはとにかく質問するようにしました。そのおかげで、自分の生活環境に合った、さまざまなことを学べる学校を選ぶことができました。

洗濯物は子どもたちと一緒にたたむこともあります

本田 治樹さん

社会福祉法人大阪水上隣保館 児童養護施設 遙学園 勤務/こども福祉学科/2019年卒/職員として子どもたちの成長をサポートしている本田さん。もともと子どもの面倒を見るのが好きで、子どもに関わる仕事をしたいと思っていたという。「子どもたちの支援は1人ではできません。職員同士が密にコミニケーションを取りチームとなる必要があります。こども福祉学科で学んだ前向きに取り組む姿勢が、今も活きています。先輩方に教わりながら、子どもたちとともに成長していきたいです」と話してくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本メディカル福祉専門学校(専修学校/大阪)