• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本医歯薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 歯科助手学科(夜間部)

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)

定員数:
40人

歯科業界が求める「カウンセリングができる歯科助手」を1年で目指す

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 歯科助手

    歯科医療の仕事を全面サポート

    歯科医院の受付業務をはじめ、カルテなどの書類作成、金銭管理、薬品や器具の準備など、サポート内容は幅広い。また、患者に対して、処置の説明をすることもあり、専門的知識が少なからず必要となる。

初年度納入金:2023年度納入金 54万3500円  (教科書・教材費など別途)
年限:1年制

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の学科の特長

歯科助手学科(夜間部)の学ぶ内容

カウンセリング技術を学び、患者コミュニケーション力を身につける
イシヤクだからこそできる実践的な学内実習や歯科業界と連携した学外実習で、業界の求めるスキル・知識を身につけます。コンパクトなカリキュラムで、歯科医院にとって必要不可欠な患者様とのコミュニケーションやカウンセリング力、最新治療・最新予防について効率よく学ぶことができます。

歯科助手学科(夜間部)の授業

ICT教材を活用して、いつでもどこでも学べる環境
オンライン授業や動画コンテンツを配信します。検定試験対策もICT教材を活用しており、スマホやタブレットを使って自分のペースで勉強することができます。また、ライフスタイルに合わせてオンラインと登校を選択できる選択登校制を導入しているので仕事や子育てなどとの両立もしやすい環境です。

歯科助手学科(夜間部)の卒業後

就職適性発見と個別の面接対策
歯科業界の方に直接「仕事内容」「求める人材」などを聞くことで「こんなところで働きたい」「こんなことがやりたい」を明確にします。面接指導・履歴書の個別添削、就職試験対策のほか、国家資格を持った専門スタッフが就職先(仕事)を選ぶだけでなく、人生をどう生きていきたいのかの視点を踏まえ就職活動を支援します。

歯科助手学科(夜間部)の資格

歯科業界が求めるカウンセリング力を学び、トリートメントコーディネーターの資格取得を目指す
歯科助手は、診療補助のスキルに加え、患者様とのコミュニケーション力やカウンセリング力が求められています。歯科助手学科では、現場が求めるカウンセリング技術を学びながら、「歯科アシスタント検定」「トリートメントコーディネーター Activity Leader」などの資格取得を目指します。

歯科助手学科(夜間部)の制度

学費が安く学費サポートも充実
夜間1年制の歯科助手学科の学費・諸費用の合計は約66万円と安価。奨学金を利用した分納プランや特待生制度などサポートが充実しています。また、本校は2020年4月からスタートした「高等教育の修学支援新制度」(授業料減免制度)の対象校です。

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)のオープンキャンパスに行こう

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の学べる学問

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の目指せる仕事

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の資格 

歯科助手学科(夜間部)の目標とする資格

    歯科アシスタント検定、トリートメントコーディネーター Activity Leader

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

歯科クリニック、歯科医院など

日本医歯薬専門学校 歯科助手学科(夜間部)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-44-1
フリーダイヤル0120-148941
info@ishiyaku.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本医歯薬専門学校 : 東京都杉並区高円寺南2-44-1 「高円寺」駅からJR中央線南口を出て徒歩 5分
「新高円寺」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT