• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本菓子専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 長澤 真悟先生(和菓子職人)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定  製菓衛生師養成校/東京

ニホンカシセンモンガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

こんな先生・教授から学べます

和菓子職人としての技術と人間性を伸ばしてくれる先生

和菓子職人
製菓技術学科 
長澤 真悟先生
先生の取組み内容

和菓子は「五感の芸術」とも言われます。食べた時に美味しさを感じる「味覚」、見た目の美しさである「視覚」、お菓子のほのかな香りや素材の香りを楽しむ「嗅覚」、フワフワやモチモチといった食感を味わう「触覚」、和菓子の名前の響きから連想する「聴覚」。和菓子は五感すべてで楽しむことのできる素晴らしさがあります。また、鎌倉時代からの歴史があり、日本の四季や行事、人が生まれてから亡くなるまで携わることができるところにも魅力を感じます。和菓子屋の家に生まれ、和菓子を長年見つめてきましたが、「きれい」や「美しい」、「楽しみに待っていた」など、私の作った和菓子でその人を笑顔にできるこの仕事に誇りを持って向き合っています。これからも「見て」「食べて」「喜んで」もらえる和菓子作りを心掛けてまいります。

上生菓子や工芸菓子、按配菓子など、幅広い和菓子の魅力を授業で伝えています

授業・ゼミの雰囲気

「なぜこうなるのか」「どうすれば効率的に作れるか」を学生自身が考え、和菓子の本質を理解する

長澤先生が実習の中で意識しているのは「なぜそうなるのか」を学生自身に考えさせること。「和菓子作りの基礎や製菓理論を、私の経験も踏まえて伝えていますが、一方でなぜその結果になるのか理由も理解していなければ、自分が思い描く菓子は作れないからです」。2年次には学生が中心となり、現場に近い形で時間内に指定の製品を作る『注文授業』も行われます。「時間と品質を守りながら、効率的に段取りを組む大切さを学ぶ機会になります」。”考える”ことを重視した学生主体の授業で、現場で通用する技術と人間性を育てています。

信頼される職人となるために、作り手として大切なことは何か理解するための授業を展開している

キミへのメッセージ

生活や文化に根付いた「和菓子」の魅力を世界へ伝えましょう!

日本の文化と生活に根付いている「和菓子」は、いま世界からも注目されています。私たち日本人にとって身近な和菓子で大切な人を笑顔にしてみませんか?そして和菓子の素晴らしさを世界中に広めていきましょう!

コンテストでの入賞も多数。校内には長澤先生が手掛けた精巧な工芸菓子が展示されています。

長澤 真悟先生

専門分野/和菓子
静岡県生まれ。和菓子屋を営む家庭で育ち、両親の母校でもある日本菓子専門学校製菓技術学科へ進学。2008年に卒業後、(株)鉢の木製菓で和菓子職人としてのキャリアをスタートさせる。2011年より(株)成城風月堂勤務。この頃より和菓子研究団体「東和会」の月例品評会に毎月参加することで技術を磨き、最優秀技術会長賞など多数の入賞を果たす。2016年4月より日本菓子専門学校教員を務める。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本菓子専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT