• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪動植物海洋専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 水生生物学科
  • アクアライフコース

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカドウショクブツカイヨウセンモンガッコウ

アクアライフコース

観賞魚を主軸に爬虫類、両生類、小動物、鳥類、植物など全コースの中で最も多くの生物の知識を学ぶコースです。

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    食料となる穀物や野菜、動物、さらには住居や衣服となる植物など、私たちが生活のために利用するあらゆる生き物を対象に、その生産から販売の各過程について研究するのが農学です。育てて消費するというだけでなく、それが将来にわたって持続可能になるよう、さまざまな角度から探究していきます。農業実習や加工実習、フィールドワークなど、実体験を通じた学びが多いのも特徴です。卒業後の進路としては、食品関係の企業に就職する人が多数を占めますが、流通や販売についても学ぶため、そうした強みを生かす道もあります。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

目指せる仕事
  • 農業

    米や野菜、花からハーブまで、自然の中で育てて生産するスペシャリスト

    農業は、自然の中で、季節を感じながらさまざまな農作物を自分の手で生産するのが仕事です。農業を始めるにあたって学歴や特別な資格は必要ありませんが、土作りから収穫まで、育てる作物やその土地の気候、地質によって異なるので、土や肥料についての知識や経験が必要になります。家が農家の場合は実践を積むのが近道ですが、そうではない場合、それらの知識を身につけるには農学部のある大学や農業の専門学校、農業大学校などを経て、個人事業者として開業するか、農業法人、企業の農業研究機関に就職する方法があります。最近では、無農薬栽培や有機栽培、また生命科学(バイオサイエンス)などを応用した作物の栽培も注目され、農業の幅は広がっています。ただし、台風や積雪などの天候に左右されて収入が不安定になりやすい、難しい仕事でもあります。長く安定的に続けるためには専門的な知識を常に学んでいくことも大切です。

  • 林業

    山や森林から木を切り出し、木材として取引きする

    山に入り、必要な種類の木を育て、また、山から木を切り出して出荷、取引きをする。木は、切り続けるだけでは無くなってしまうだけでなく、自然環境にも影響をおよぼす。そのため最近では、森林計画や造林事業などを計画作成し、治山や林道調査・設計をする専門技術員も出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 林業技術者・研究者

    森林を守り育てるため、森林の調査・分析のほか、苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採など計画的に行う。

    林業技術者は、国や都道府県、市町村の林業担当部署や、森林組合、林業を事業としている企業などの所属し、森を守り、育てている。苗木の植え付けや枝打ち、間引き、伐採などを計画的に行うことによって、自然のままに放置しておくと荒れ放題になる森林を守り、伐採によって収穫した材木を有効活用することができる。林業研究者(林学研究者)は、大学の研究室や研究機関で、樹木の科学的性質を研究したり、森林と海との関連を研究するなど、より科学的に、環境全体を見渡した研究テーマをもとに研究活動を行う。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 115万円  (入学金15万円、授業料60万円、実習費25万円、設備費15万円。教材費・校外実習費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

観賞魚の生態や水槽レイアウト技法などの知識を身につけ、アクアショップでの販売員を目指す
さまざまな種類が存在する観賞魚の飼育管理方法や魚病知識、繁殖方法を学んでいく。水槽管理実習の授業では一人あたり2~3本の水槽を使用して熱帯魚をはじめ淡水魚、海水魚、金魚、水草など多種多様な生き物を管理し、実践力を養う。また、同時に水草の育成方法、レイアウトテクニックや飼料販売などのノウハウも習得する。

カリキュラム

観賞魚の飼育管理はもちろん商品撮影のための撮影技術や経営ノウハウなど幅広く学習
観賞魚(海水魚、淡水魚)や水草はもちろん、カエルなどの両生類、トカゲなどの爬虫類、昆虫、観葉植物について学び、生き物を撮影する写真撮影技術なども習得。また、接客やディスプレイ、仕入れといったショップ経営のノウハウを学ぶ「模擬ペットショップ講座」もあり、飼育販売についてのスキルをトータルに習得できる。

実習

飼育管理実習のほか、学外での「フィールド調査実習」や「ショップ見学」など豊富な実習を実施
多様な生き物の飼育管理を学ぶ「水槽管理実習」をはじめ、「レイアウト水槽作成講座」、「金魚の飼育講座」など多彩な実習・講座がある。野外で生き物の採集を行い、種類や採集方法を学ぶ「フィールド調査実習」や、アクアリウムショップなどさまざまな売り場を見て学ぶ「ショップ見学」も実施している。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    担当水槽でカニなどを飼育。スキルアップを実感できる楽しい毎日です!

    本当に自分がやりたいことをめざそうと思い、大好きな魚について学べて飼育もできる本校に入学。魚だけでなく様々な生物について学べること、多くの水槽があることなども決め手になりました。

    大阪動植物海洋専門学校の学生

卒業生

アクアショップ店長、熱帯魚ショップスタッフなど、多くの卒業生が業界で活躍中!
「基本が大事という視点を学校で学びました」と語る一森竜平さん(アクアスペースぶくぶく大阪ドームシティ店店長/'11年卒)をはじめ、水槽レイアウトから販売・買い付け、スタッフ指導まで幅広く担当する新地一志さん(ひごペットフレンドリーららぽーとEXPOCITY店/'10年卒)など、多くの卒業生がアクア業界で活躍中。
  • point 先輩の仕事紹介

    観賞魚や水草レイアウトのトレンドを自ら作りだすことが目標です。

    ショップでの魚の世話や売り場展開、接客、スタッフの指導といった仕事のほか、事業部リーダーとして他店舗の指導、アクア事業用品のバイヤーなども担当し、買い付けで海外に出張することも。そんな忙しい日々の中で、お客様から「こんな水槽を家に置きたい」とか「魚のラインナップがすごい」とほめて…

    大阪動植物海洋専門学校の卒業生

施設・設備

350本以上の水槽がある実習室で多様な生き物を学生が飼育管理
350本以上の水槽を保有する実習室では、熱帯魚をはじめ淡水魚、金魚、海水魚、サンゴ、水草、爬虫類両生類、昆虫など多種多様な生き物がおり、学生たちが飼育管理を行っている。

研修制度

アクアリウムショップや観賞魚輸入卸企業などでのインターンシップで実践力を磨く
現場に対応できる能力を身につけるためインターンシップを奨励しており、可能な限り就職希望先に行けるよう学校がサポート。毎年多くの学生が複数回のインターンシップを経験して実践力を磨くとともに、自分の適性や希望にあう分野や企業を見出している。インターンシップで実力を認められ、就職を実現した先輩たちも多い。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 愛玩動物飼養管理士 (1級) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

    観賞魚飼育管理士ベーシック ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ひごペットフレンドリー 、 海遊館 、 名古屋港水族館 、 葛西臨海水族園 、 神畑養魚 ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒551-0002 大阪市大正区三軒家東1-7-3 入試事務局
TEL 06-6555-0154
osaka@oao.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市大正区三軒家東1-7-3 JR「大正(大阪府)」駅から徒歩 2分
地下鉄「大正(大阪府)」駅から徒歩 2分
阪神なんば線「ドーム前」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース