• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本工学院専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 横濱 英郷先生(イラスト、2Dグラフィック)

こんな先生・教授から学べます

描く基礎と、プロとしての心構えを教えてくれる先生

イラスト、2Dグラフィック
クリエイターズカレッジ マンガ・アニメーション科(2年制)
横濱 英郷先生
先生の取組み内容

イラストを描くことは、子どもから大人まで日本人に広く親しまれています。海外ではイラストはアートとして捉えられることが多いのですが、日本人にとってのイラストは、とても身近な文化として根付いているんですね。こうした環境で生活しているからこそ、イラストを描いたりキャラクターを生み出す仕事がしたいと思うのは、とても自然なことだと思います。けれどもイラストを仕事にするためには、プロとして認められる表現力はもちろん、クライアントの要望に応えられる対応力、知識が必要です。授業では、描き方の基礎から魅力的なキャラクターの表現法、色彩感覚など、仕事に欠かせない力を養うと同時に、業界で仕事をするための心構えや挨拶など、今なお現役として活動している私自身の経験も踏まえて生徒たちに伝えるよう心掛けています。

自由に描けることがイラストの魅力。その自由度を、プロとしてのスキルに変えるノウハウを伝授

授業・ゼミの雰囲気

デジタルでイラストを描くために最適な教室を完備。恵まれた環境で、伸び伸びと学べます

先生の授業では、顔のバランスを理解して描く手法など、まずはイラスト制作に必要な基礎的なテクニックを学びます。そして、2年制課程の場合は、2年次から「クライアントから受けた仕事」を想定した実践的な作品制作課題に取り組みます。入学当初はまったく描けなかった学生も、入学から半年ほどたつ頃には自分なりの個性を活かしたイラストが描けるようになると同時に「プロになるんだ」という意識も高まり、目の輝きが違ってきます。ともに学ぶ仲間がいること、目標となる先輩たちがいる環境で学べることも学生の励みになっています。

好きなことだから繰り返しの練習も苦にならない。皆、意欲的に課題に取り組んでいます

キミへのメッセージ

絵は大きく、とにかく何度も描くことを習慣づけておきましょう

入学前までに描くイラストは、あなたが好きなものを自己流で描けばOK。でも描くときには、ノートの角に小さくではなくA4程度の紙に大きく描くことを習慣づけると、身体で絵を描く感覚が自然と身につきますよ。

描くことに自信がなくても大丈夫。練習すれば必ず描けるようになりますよ!

横濱 英郷先生

日本工学院専門学校総合アニメーション科卒。ゲーム企業に入社し、キャラクターや背景美術など2Dグラフィックに関わる仕事を担当したのち、フリーランスのイラストレーターに。2006年より母校である同校のマンガ・アニメーション科の講師を務める。現在は教員として学生の指導をおこなう傍ら現役のイラストレーターとしても活躍。卒業生ならではの視点も大切にする指導はとてもわかりやすい、と学生にも評判の先生だ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本工学院専門学校(専修学校/東京)