• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本工学院専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 角田 光代先生(インテリアデザイン)

こんな先生・教授から学べます

豊かな気持ちでデザインできるスキルを磨いてくれる先生

インテリアデザイン
デザイン科(3年制) インテリアデザイン専攻
角田 光代先生
先生の取組み内容

現在、住まいや店舗デザインの授業を担当しています。インテリアデザインの仕事は「そこで過ごす人が心地よさや快感を得られる空間づくりを重ねていく作業」だと考えています。それにはデザイナーや設計者が、その空間を使う人のことを想い、気持ちを込めてデザインすることが大切。ではいかにしてその想いをカタチにしていくかというと、お客様のご要望を理解することがスタート地点となるんです。お客様が求めていることを正確に把握し、プロとしてのアドバイスをプラスしながら世界にひとつだけの空間をつくりあげていく。それにはヒヤリング力、提案力が不可欠なので、私の授業では課題のたびに学生がプレゼンテーションを行い、聞く力、提案する力もきめ細かく指導しながら、将来インテリアデザイナーとして活躍できるスキルを養っていきます。

基礎をしっかり学んだ後は、いよいよ自分の力を試すステップへとすすみます

授業・ゼミの雰囲気

企業とのコラボ課題やコンテストを通して、自分の企画がカタチになるチャンスもある!

2年次の後期からは、産学連携課題やコンテストに挑戦します。企業から与えられた課題を受け、学生一人ひとりが自分の個性を活かしながらデザイン・設計し、プレゼンテーションを行います。課題は飲食店の店舗デザインや商品パッケージなどさまざまですが、これまで学生が出した企画が実際に採用されたことも多数。「学生といえどもプロと同じ流れで仕事をするので企業からの要求もシビア。けれど在学中からこんな経験ができるなんて素晴らしいことなんですよ」と角田先生。プロの仕事を体感することで、学生たちは大きく成長します。

設計・デザイン未経験からわずか1年と少しで、大きな課題に挑戦できるほどのスキルが身につきます

キミへのメッセージ

センスやスキルに自信がなくても大丈夫。基礎からしっかり指導します

入学前は「インテリアやデザインに興味がある」という気持ちだけで十分。スキルやセンスは、入学後にいくらでも身につきます。むしろそれを学ぶための学校なので、思い切って飛び込んでみましょう!

新しいもの、美しいもの、カッコいいものに触れ続けたいという気持ちは今もずっと持っています

角田 光代先生

住宅メーカー、設計事務所にて住宅と店舗の設計・デザインの仕事に携わった後、同校の講師に就任。1級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター(R)の資格を持つ。「この道に進んだのは、西洋の住まいや建物に憧れた、ミーハー的な気持ちがきっかけなんです」と角田先生。趣味は国内外の建物や空間、景色を訪ねる旅。実際に見て涙した建築・空間は数知れないという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本工学院専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT