• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本工学院八王子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ミュージックカレッジ

東京都認可/専修学校/東京

ニホンコウガクインハチオウジセンモンガッコウ

ミュージックカレッジ

音楽・エンタメ業界で、アーティスト・パフォーマー・スタッフとして活躍する実践力を身につける

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ベーシスト

    バンドやスタジオで活動するベース奏者

    グループを作り、メジャーデビューできるのはごくわずか。スタジオミュージシャンとして、レコーディングスタジオで演奏している人もいるが、多くの場合は、音楽学校の講師などの本業を別に持ち、ライブハウスなどで活動している。

  • ギタリスト

    センスとテクニックでギターをあやつる

    同じ曲でも、その人のテクニックはもちろん、感性によっても、曲のイメージが変わってくる。ギタリストとして、バンドやソロでCDを出したり、コンサート活動していく場合や、多くの場合は、スタジオミュージシャンや、音楽学校の講師などをしながら生計を立てている。

  • ドラマー

    ドラムを叩いて、リズム感とスピード感を生み出す

    バンドのメンバーとして活躍する。それ以外の活動としては、スタジオミュージシャンとしてメンバーに加わって演奏したり、音楽学校の講師などの道がある。本業はほかに持ち、ライブハウスなどで活動するなど、ドラマーだけで生計を立てていくのは難しい。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • キーボード奏者

    ソロ、バンド、伴奏…さまざまなシーンで多様な銀鍵楽器を弾きこなす

    ピアノやシンセサイザーやストリングなどさまざまな銀鍵楽器を、伴奏、ソロ、バンド…さまざまな演奏スタイルで弾きこなすプロ。ジャズ、ロック、ポップス、ラテンなどジャンルも幅広い。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

初年度納入金:2018年度納入金 141万5690円~143万5690円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

個性を表現する高いパフォーマンス技術を、プロで通用するレベルまで身につけていく
個人のパフォーマンスを重視しながら、プロのミュージシャン、アーティストとして通用する力を養う。初心者でもレベルアップを図れるよう、基礎を学びながらプロの表現力を習得。また、学内・学外オーディションも多数実施し、デビューの夢をサポート。学内外での発表の機会も豊富に用意している
アーティストとともに作品・ステージを作り上げるプロのスタッフを育成
アーティストをバックアップするプロのコンサートスタッフや、音のスペシャリスト=サウンドエンジニアを育成。ホットスタッフ・プロモーションや赤坂BLITZといった企業の協力を得ながら、よりプロの現場に近い環境で業界の即戦力をめざす

カリキュラム

音楽・エンタメ業界で活躍するための学科構成が魅力
ミュージックカレッジには、「ミュージックアーティスト科」「コンサート・イベント科」「音響芸術科」といった幅広い学科構成に加え、より専門性を高める多彩なコース・専攻が用意されている。業界の第一線で活躍している講師から指導が受けられる点も魅力

実習

ミュージシャン、アーティストとしてデビューのチャンスをつかんだ卒業生は多数
高野清宗(Mrs. GREEN APPLE)など人気アーティストとして多くの卒業生が活躍中。音楽業界各社との提携・協力によって、学内でのオーディションを多数開催。在学デビューのチャンスを豊富に設けている

制度

創立70周年記念奨学金を創設。その他、多様な奨学金制度&学費サポート制度を用意
学園創立70周年を記念し、「創立70周年記念奨学金」を創設。また、音楽の分野で優秀な生徒に対して入学金を免除する「ミュージシャン特待生制度」を設けています。その他、本学園独自の「卒業生・在校生の子女兄弟姉妹等入学金免除制度」「学費サポートプラン」に加え、「日本学生支援機構奨学金制度」などを利用可能

イベント

数多くのイベントに参加する実践形式の2年間で、即戦力の技術と知識を身につけることが可能
カレッジ最大の音楽フェスティバル「Real Dreams」をはじめ、学内外の施設にて数多くの定期イベントを実施。スタッフ系学生とアーティスト系学生が一堂に会し、イベントを経験することで自然と業界即戦力の技術と知識が身につく。イベントは学内施設のみならず、赤坂BLITZをはじめ、有名大型ライブハウスでも開催

募集コース・専攻一覧

  • ミュージックアーティスト科(2年制) (募集人数 : 80人)

    • プレイヤーコース
    • ヴォーカリストコース
    • サウンドクリエイターコース
  • コンサート・イベント科(2年制) (募集人数 : 120人)

    • コンサート制作コース
    • コンサートPAコース
    • コンサート照明コース
    • コンサート舞台コース
    • イベント企画コース
  • 音響芸術科(2年制) (募集人数 : 40人)

    • レコーディングエンジニア専攻
    • MAエンジニア専攻
    • ラジオスタッフ専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

照明技術者技能検定(2級)

受験資格が得られる資格

  • イベント検定試験

舞台機構調整技能士<国>[音響1~3級]

目標とする資格

    • MIDI検定 、
    • 色彩検定(R) 、
    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス (B検) 、
    • ABC協会認定ブライダルプランナー検定

    Pro Tools技術認定試験
    AVID Pro Tools110、201、210 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ソニー・ミュージックコミュニケションズ 、 IMAGICA 、 キング関口台スタジオ 、 劇団四季 、 シグマコミュニケーションズ 、 シェラトン都ホテル東京 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0983 東京都八王子市片倉町1404-1
フリーダイヤル 0120-444-700(携帯・PHS可)
info@neec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本工学院八王子専門学校 : 東京都八王子市片倉町1404-1 JR横浜線「八王子みなみ野」駅からスクールバス 5分

地図

 

路線案内


日本工学院八王子専門学校(専修学校/東京)