• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本書道専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 宮下 信秀先生(書道)

東京都認可/専修学校/東京

ニッポンショドウセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

「書」の奥深さや楽しさを、じっくりと教えてくれる先生

書道
書道専門課程本科 
宮下 信秀先生
先生の取組み内容

多くの名書から書法の原理を解き明かしてさまざまな表現技術を身につけ、日本や中国の文学、歴史、美術など書の本質に関わるすべての分野の学びを深めます。私は、1年次に漢字実習における文字の構成を中心に指導していますが、この構成も単純なものではなく、「書」の上達には時間がかかります。継続していく根気が必要です。だからこそ「書」は奥深く、とても楽しい。書道の勉強は、絶対これが良い!というものはなく、常に継続した学びが必要なのです。そのような中で、卒業生が書道家となって活躍している姿や、文字の構成や美文字を活かした仕事での活躍、趣味で継続して学んでいる姿など目にすると嬉しいものがありますね。

まずは学生一人ひとりの「書」への思いを大切にしながら、丁寧な指導を行っています。

授業・ゼミの雰囲気

「書」の基礎から、社会で活きる実用書道まで、幅広く学びを深める

「漢字実習」では日本・中国書道史上の名品の楷書を中心に、基礎的な構成や用筆を学びます。じっくり無理なく基礎力を確実に養っていきます。さらに日常の生活で使用される実用書、ハガキ、封筒、年賀状、祝儀袋の宛名の基礎も学びます。また、長野県白樺湖での「セミナー実習」は、作品制作をするための3泊4日実習です。セミナーでは、文字を書くことに専念できる環境にて学生たちが日ごろ学んでいる成果を文字を通じて作新として成果を発表します。学生たちのその質を深める機会と交流を深める機会であり力を入れて取り組んでいます。

宮下先生の教室では、「書が好き」という思いを持つ学生たちが、互いに切磋琢磨しています。

キミへのメッセージ

書道を探る道は、ここから始まります。

書道の道は奥深く、漢字に込める意味もそれぞれです。例えば、【通】の意味は道が出来る。物事が滞りなくゆく。書が大好きな皆さん、これから人生の「通」を歩むべく、日本書道専門学校で共に学びましょう。

宮下 信秀先生

科目は「漢字実習」を担当。一つの文字に込める意味や想いを丁寧に指導している。高校卒業後、書道の奥深さに触れたことで、より「書」を探究すべく日本書道専門学校への入学を決意。書道漬けの毎日を通じてその楽しさに魅了され、さらに多くの人々に知ってもらいたいと考え、卒業後は母校の教壇に立つ。学生からの信頼は厚く、宮下先生のもとへは毎日、学生たちが集まり、書道のことからプライベートのことまで相談が絶えない。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本書道専門学校(専修学校/東京)