• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 電気・電子分野
  • 電子応用工学科(2年)

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)

定員数:
40人

スマホから人工衛星まで守備範囲! 「電子設計技術者」として活躍できる高度な技術を2年間で修得!

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 123万9000円  (入学金含む)
年限:2年制

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の学科の特長

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の学ぶ内容

目指すのは、就職・転職に強い高度な技術を身につけた電子設計技術者!
ドローン、自動走行車、AI(人工知能)、医療機器、ロボット、人工衛星、カーナビ、スマートフォンなどに使われる最先端技術「FPGA」や最新のマイコン技術を修得。実習は本科と企業が共同開発したオリジナル教材を使用し、未経験者も無理なく段階的に学べます。応用研究では希望職種に合わせた個別指導も実施しています。

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の授業

講義のあとに、すぐ実習!未経験者も安心の学習環境&授業スタイル
長年にわたり培った教育ノウハウにより、研究テーマにじっくり取り組める学習環境を用意。プロ仕様の実
習設備・機材をはじめ、音響特性試験用の無響室、実験用2足歩行ロボット、ロボット製作用の各種NC加工機などの設備を完備しています。講義で学んだ内容をすぐに実習で確認する授業スタイルで高度な技術を身につけます。
授業内容に合わせたオリジナル教材で、最先端技術「FPGA」の概念を理解!
「FPGA」とは、ユーザーが自由にプログラミングできるLSI(集積回路)のこと。本科では授業内容に合わせ、マイコンボードの教材を開発する企業と共同で開発したオリジナル教材「FPGAトレーニングボード」を使用。電子機器開発の現場では欠かせなくなっている最先端技術の概念を無理なく理解できるようになっています。
プロ仕様の実験実習教材を1人1セットずつ用意!
電子回路の製作・実験を行う授業では、企業が実際に使用する機器と同様のオシロスコープ、発信器、電源、マルチメーターを1人1セットずつ用意。講義で学んだ内容をすぐに確認できるほか、1人1台のパソコンを用いてCAD・シミュレーションによる電子回路設計や電子回路分析、プリント基板設計などを学ぶ授業もあります。

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    IoTの時代で必要な広い知識を持ったエンジニアを育成

    電子応用工学科では、電子技術者として必要とされる各種技術(アナログ回路、デジタル回路、マイクロコンピュータ、プログラミングなど)の基礎を学び、これをもとに製品開発の工程(企画~設計~試作~評価)の知識・技術・技能の修得。同時に現場で必要となるコミュニケーション能力を養い、エレクト…

    日本電子専門学校の先生

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の卒業後

「校内入社試験」や「合同企業説明会」をはじめ、就職を強力にサポート
約100社の企業が本校の学生のためだけに、入社試験を校内で実施。いつもの教室でリラックスして受験できる機会を用意するほか、例年約850社の採用担当者が参加する本校主催の合同企業説明会なども実施。またキャリアカウンセリングや模擬試験・模擬面接など様々なバックアップ体制を整え、就職を強力にサポートしています。

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の資格

「陸上特殊無線技士」をはじめ、めざす業界・職種に応じた資格取得が可能
「陸上特殊無線技士」は、本校内で実施する講習を受講後に取得できる資格。また、「消防設備士」「エックス線作業主任者」「工事担任者」などの国家資格や、「家電製品エンジニア(AV情報家電/生活家電)」や「ラジオ・音響技能検定」など、めざす業界・職種に応じた資格の取得も可能です。

日本電子専門学校 電気・電子分野のオープンキャンパスに行こう

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の学べる学問

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の目指せる仕事

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の資格 

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の取得できる資格

・IoTシステム技術者検定試験
・ディジタル技術試験
・生産マスター
・陸上特殊無線技士(本校内で実施する講習を受講後取得)

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の目標とする資格

    • 消防設備士<国> 、
    • エックス線作業主任者<国> 、
    • 電気通信の工事担任者<国>

    ・組込み技術者試験
    ・家電製品エンジニア(AV情報家電/生活家電)
    ・家電製品アドバイザー
    ・ラジオ・音響技能検定
    ほか

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の就職率・卒業後の進路 

電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の主な就職先/内定先

    島津アクセス、富士オートメーション、大成技研、東洋エンジニヤリング、テクノプロ・エンジニアリング、東武インターテック、ゼネラルエンジニアリング、トランスコスモス・テクノロジーズ、アルプスビジネスサービス、ジャパンエレベーターサービスホールディングス ほか

※ 2021年3月卒業生実績 (学校全体)

電子設計技術者、マイコン設計技術者のほか、医用機器・音響機器・ゲーム機器などのエンジニアとして活躍

日本電子専門学校 電気・電子分野 電子応用工学科(2年)の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4
フリーダイヤル0120-00-9691(携帯・PHS可)
jp@jec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区百人町1-25-4 「大久保(東京都)」駅から南口を出て徒歩 2分
「新大久保」駅から徒歩 7分
「新宿」駅から西口を出て徒歩 10分
「西武新宿」駅から北口を出て徒歩 5分
「新宿西口」駅からD5出口を出て徒歩 6分

地図

 

路線案内


RECRUIT