• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本電子専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 坪井 翔先生(アニメーション科(2年)・アニメーション研究科(3年))

こんな先生・教授から学べます

商業用アニメーション制作の技術を全て教えてくれる先生

アニメーション科(2年)・アニメーション研究科(3年)
アニメ分野 アニメーション研究科(3年)
坪井 翔先生
先生の取組み内容

アニメーション分野は、TVや映画だけでなく、インターネットや遊技機、版権物制作とい った様々なコンテンツに浸透しています。コンピュータを使った特殊効果、CGを駆使したメカ表現など、 常に新しい技術が求められています。このような業界で活躍するためには、手描きによる作画、映像知識・技術の修得が必須です。そのため、アナログもデジタル技術もあわせもつ、より応用力の高い人材の需要が高まっています。本校では商業用アニメーション制作における技術を総合的に学ぶため、アニメーション制作の工程を一通り学習し、原画、 動画、彩色、背景、撮影、制作進行のいずれの専門職種にも適応できる知識・技術を身につけます。また、全工程を通して自分の適性を発見しスキルを伸ばすことができるカリキュラムを導入しています。

業界がデジタル作画へ移行している背景をふまえ大型液晶ペンタブレットと高性能なワークステーションを導入

授業・ゼミの雰囲気

即戦力として活躍できるアニメーションクリエイターを育成

本科はアニメ業界でクリエイターとして活躍を夢見る方に最適な学科です。豊かな創造力とコミュニケーション能力を兼ね備えた即戦力として活躍できるアニメーションクリエイターを育成するため、アニメーション作画における応用作画の経験を積む授業から、社会人としての自己管理能力を身につける教育も展開しています。絵が描けるだけのクリエイターではなく、社会人としてのスキルからアニメーション制作の専門技術に至るまで、商業アニメーション制作における必要不可欠な知識と技術を習得します。

未来のクリエイターを育成!

キミへのメッセージ

2D、3D技術の双方のオリジナルアニメ制作を学べます

液晶ペンタブレットを実装した実習環境で業界トレンドに合わせた2D、3D技術の双方のオリジナルアニメ制作を学べます。手描きとデジタルツールを共に操れるクリエイターは業界で重宝され、活躍の幅が広がります。

坪井 翔先生

アニメ分野学科長。 アニメーション制作現場による実務経験を経て、日本電子専門学校に所属。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本電子専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT