• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 瞳さん(専門課程専門科(夜間部)/美容師)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

ニホンビヨウセンモンガッコウ

先輩の仕事紹介

「ヘア」が変わると「気持ち」も変わる!新しい自分を発見するワクワクを届けたい

美容師
専門課程専門科(夜間部)/2013年3月卒
瞳さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働いている『freera shibuya』は、渋谷のスクランブル交差点から近い場所にあり、10代のお客様も多くいらっしゃいます。特に卒業シーズンには 、新しい自分を発見したい…そんな想いでサロンにいらっしゃるフレッシュなお客様がいっぱいです。ここでヘアスタイルを変えたことで、自分の新たな魅力に気づいたり、ポジティブになってもらえることが一番嬉しい瞬間です。雑誌の撮影やファッションショーでモデルさんのヘアメイクを担当することもありますが、それをSNSで見た地方のお客様が、わざわざスタイリストの私を調べて来店してくれることも。そんなお客様の期待やワクワクに頑張って応えていきたいと思っています!

この分野・仕事を選んだきっかけ

美容・ファッション・メイクが好きで、高校生の頃は文化祭や体育祭の時に友達の髪をアレンジしてあげることもありました。そんな中でヘアメイクに興味を持つようになり、美容師ならヘアメイクの仕事ができると知って、本気で目指そうと思ったんです。当時は大学にも通っていたので、大学と両立できる条件で見つけたのがニチビの夜間部でした。夕方18時から授業が始まるので、大学の授業が終わってから通学する日々。夜間部には同じようにWスクールで通う学生や社会人も多くいたので、心強かったですね。さまざまなバックボーンがあるクラスメイトの存在は、モノの見方や感性の違い、自分にない発想があって刺激になりました。

美容で誰かの気持ちを後押しできる存在でいたいです

学校で学んだこと・学生時代

ニチビの先生方にはすごくお世話になりました。面倒見がよく何でも話せる距離感で、卒業した今でもつながりがあります。学生時代で特に印象深いのは、友達と一緒に挑戦した「TONI&GUY」のコンテストです。モデル役、カット担当、メイク担当に分かれて作品を作り上げていくのですが、その準備のために学校に早く来たり、授業後も残って練習したり、大変でしたがすごく楽しかったことを覚えています。ニチビにはコンテストに積極的に参加する学生が多く、そんな周りのモチベーションの高さや先生方のサポートが原動力になって頑張りきることができました。好きなことに貪欲に取り組む楽しさを知った学生時代でした。

イベントでのヘアメイクも担当します

瞳さん

freera shibuya(フリーラ シブヤ)勤務/専門課程専門科(夜間部)/2013年3月卒/表参道にある本店での勤務を経て、現在は渋谷店にてスタイリストを務める。サロンワークだけでなく、ファッションイベントなど、個人で仕事の幅を広げていけるのもこの仕事の魅力だそう。「渋谷店ではダブルカラーやハイトーンカラー、エクステなどのオーダーも多く、トレンドを押さえたスタイルを求めてくるお客様が多いですね。SNSや動画をチェックして、気になるスタイルは作ってみたりと日々勉強は欠かせません。経験をどんなに積んでも、美容が好きという初心を大切にしていきたいと思っています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本美容専門学校(専修学校/東京)