• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 西山 頌太さん(専門課程専門科(昼間部)/美容師)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

ニホンビヨウセンモンガッコウ

先輩の仕事紹介

美容師は自分でレールを敷いていく業界!雑誌・PV撮影など表現の舞台は無限です

美容師
専門課程専門科(昼間部)/2015年3月卒
西山 頌太さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、原宿の美容室『ROJITHA』で副店長を任されています。最近はサロンワーク以外にも、雑誌やカタログの撮影、バンドやアーティストのプロモーションビデオ撮影など、さまざまな現場でヘアメイクの仕事を手掛けるようになりました。コンセプトをもとに、ヘア・メイク・衣装のイメージを創り上げていく工程はすごく面白いですし、それが作品として写真や映像に残るのも醍醐味です。舞台の上でヘアメイクを競い合うコンテストも、観客のリアクションがあってすごく燃えますね。頭の中でイメージしたものを形にする楽しさに、それを誰かに見てもらう楽しさ!表現したいことを形にする手段が僕にとって「美容師」という仕事でした。

この分野・仕事を選んだきっかけ

雑誌の読者モデルをしていたことで、美容師の方と撮影現場で関わることが多くありました。そこで出会った方達は、シンプルに楽しそうで、かっこいいと思ったんです。服も髪型も自由で個性的、みんな明るくオープンに接してくれて、髪をセットしてくれる技術も凄い。そんな姿を見て、自分もあんな大人になりたいと思いました。憧れをきっかけに本気で美容師を目指そうと色々な専門学校を見学しましたが、ニチビに入学したのは自由で個性を尊重してくれる校風に惹かれたからです。在学中から雑誌やSNSなど、さまざまなメディアで活躍している先輩達もいて、自分を持っている学生が多いことも魅力的な学校だと思った理由のひとつです。

一人ひとり個性に合わせたスタイルを提案

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、とにかく美容に一生懸命。同じ夢を追う友人との出会い、そして彼らと一緒にコンテストの練習を日々頑張った経験が印象深く残っています。卒業した今感じるのは、少人数の学校が必ずしもいいという訳ではないという事です。ニチビは全国各地から学生が集まりクラスも多いですが、それだけたくさんの学生とのつながりが出来ます。卒業してから広がる業界ネットワークが格段に大きく、それだけ仕事のチャンスが広がるということなんです。実際、当時のクラスメイトとは現在もつながりがあり、渋谷・原宿・表参道エリアのサロンにはたくさんの仲間が働いています。彼らを通して、撮影や芸能関係の仕事の依頼が舞い込むこともありますね。

サロンに来てくれるお客様の存在はやはり嬉しいです

西山 頌太さん

ROJITHA(ロジッタ)勤務/専門課程専門科(昼間部)/2015年3月卒/群馬県出身。アシスタント、スタイリストを経て2018年より副店長。現在は約13名のスタッフを抱え、後輩の教育にも力を入れているという西山さん。店にはニチビ出身の後輩達も一緒に働いているそう。「この業界には、いくつになっても少年みたいにキラキラしている人がたくさんいます。これから美容業界を目指す高校生のみなさんにも、“こんな大人になりたい”という理想像を常に実践していける人になってほしいと思います。ニチビにはそんな学生や先生が集まっています。美容師になりたい、好きな仕事をしたいという気持ちがあるなら、ぜひ挑戦してください」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本美容専門学校(専修学校/東京)