• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 晃裕さん(専門課程専門科(夜間部)/美容師)

先輩の仕事紹介

ショートなら誰にも負けない!自分だけの強みがあると仕事はもっと楽しくなる

美容師
専門課程専門科(夜間部)/2015年卒
山田 晃裕さん

この仕事の魅力・やりがい

僕が働いている「モリオフロムロンドン 三軒茶屋」は、お忍びで芸能人の方も通う実力派サロン。そのなかで僕が得意としているのはショートカットです。全体のバランス、顔まわりの似合わせなど、一番切るのが難しいとされている…でもだからこそ追求しがいがあるんです。ショートって女性にとって少しハードルが高いですよね。似合うか自信がない方もいるので、そんな時は男性目線での可愛いスタイルをアドバイスしています。以前ロングヘアだったお客様がショートにして、いつもは気づかない旦那様が「かわいい」と言ってくれたと報告してくれました。大きく印象が変わるショートだからこそ、周囲に好評だったという言葉は最高に嬉しいです!

分野選びの視点・アドバイス

小学生の頃に初めて美容室へ行ったことがきっかけで美容師に憧れを持ちました。それまで理容室に通っていたので美容室は初めての経験。シャンプーが気持ちよくて、注文通りのかっこいい髪形にしてくれて、いい香りもする!と感激したことを覚えています。この体験が強烈に残っていて、進路を考えた時も「美容師」を目指したいと思ったんです。ニチビに入学したのは、通っていたサロンのスタイリストさんに薦められたから。プロの目から見ていい学校なら間違いないと思いました。実際に見学に行ってみたら、在校生の皆が心から楽しそうだったんですよね。夜間部なら働きながら通えるし、学費を自分で払いたいという人にもオススメだと思います。

SNSを見てショートカットを依頼してくれるお客様も

学校で学んだこと・学生時代

ニチビの夜間部はまさに、ごちゃまぜ感が最大の魅力。10代から40代まで、異業種からチャレンジする社会人、大学を卒業してから入学した人もいて、本当に色々なバックボーンの学生が集まっています。でもみんなに共通していたのは「夢をあきらめない」という想い。だからこそ、「自分がどうしたいか」という意識を常にもって、モチベーション高く学ぶことができました。ニチビでは技術面や国家試験対策はもちろん、デザイン力やクリエイティブの鍛え方、美容師として自分の色を出すことの大切さも教えてもらいました。ショートカットが得意で、この技術を伸ばしていこうと気づけたのも、ニチビでの学びがあったからです。

笑顔で帰っていくお客様を見送るのは嬉しいですね

山田 晃裕さん

モリオフロムロンドン 三軒茶屋勤務/専門課程専門科(夜間部)/2015年卒/千葉県出身。昔から陸上(駅伝)をしていたがケガにより断念。もうひとつの夢だった美容師を目指すために日本美容専門学校の夜間部に入学したという山田さん。「ニチビの先生方は時に厳しく、時に友達のように、一人ひとりに向きあって指導してくださいます。国家試験の直前も最後まで寄り添ってサポートしてくれました。そして好きなものを作らせてくれる自由な環境があります。これから美容師を目指すみなさんも、学生のうちに好きなものに全力で取り組んで、自分の好き、得意を磨いてください」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本美容専門学校(専修学校/東京)