• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本美容専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 熊木 徹先生(美容師)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

ニホンビヨウセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

世界を舞台に“美容”の新たな可能性を追い続ける先生

美容師
専門課程専門科(昼間部) 
熊木 徹先生
先生の取組み内容

サロンワークだけが美容師の仕事じゃない―。美容を通じて、人の幸せや人生をプロデュースするのが美容師の役割だと考えています。20代の頃には国内外のコンテストに挑戦し、アジアチャンピオンに。留学や海外ヘアショー、雑誌での作品発表、コンテストの審査員など、教員になった後も常に新しいことに挑戦してきましたが、このチャレンジ精神を育んでくれたのは、学生時代に出会ったニチビの先生方です。ヨーロッパ留学している先生やコンテスト日本代表として活躍する先生など、彼らは、“教員である前に一美容師であること”を大切に技術を磨き続け、その姿から多くのことを学びました。こうした教員陣の伝統は、今もニチビに受け継がれています。ニチビで学ぶことは、学生が自分自身の可能性を見つけだす貴重な機会になるはずです。

国内外の多くのヘアショーに出演。NICHIBI Artisticteamのチーフディレクターとしても活動しています

授業・ゼミの雰囲気

「入学3ヵ月目の作品制作」「デザイン画のコンテスト」などデザイン力と技術力を育むカリキュラムに注目!

入学して3ヵ月目に行うブレイドの作品制作。学生にとってはオリジナル作品をつくるほぼ初めての経験で、当然最初から上手くはいきません。しかし、頭に描いたデザインをカタチにするトレーニングを繰り返すことで、最初は一方向からしかイメージできなかった学生も、だんだんと360度のフォルムを意識できるように。1年修了時にはデザイン画のコンテストもあり、ある一つのテーマを与え、学生が自由に発想を膨らませます。粗削りでも光る感性があれば評価する―こうしたニチビらしいスタンスでデザイン力を育てています。

指導する際には、ヒントだけを与えて、教えすぎないことも大事にしていると語る熊木先生

キミへのメッセージ

自分にない発想がでてくる次世代の美容師を育てたい

現役の美容師でもある教員陣、業界の第一線で活躍する卒業生が集うニチビは、ものすごい情報とチャンスが集まる場所です。チームニチビとして、次の美容業界を一緒に進化させていく仲間を待っています!

後進育成のため、APHCA HAIR&MAKE-UP インターナショナルコンペティションの審査員も務めている

熊木 徹先生

専門科目/美容実習、美容モード、ヘアメイク
日本美容専門学校卒業後、ヘアサロン勤務を経て、91年日本美容専門学校 教務部入社。93年~97年にかけてVIDAL SASSOON、SANRIZZ、TONI&GUYなど数々のスクールでカットを学ぶ。モンゴル、サハ共和国、中国など各国でセミナーやヘアショーに出演。<主な受賞歴>93年AHA香港決勝大会・レディースカット&ブロー チャンピオン、94年AHA北京決勝大会・レディースカット&ブロー第2位 他

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本美容専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路