• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 日本分析化学専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 渡邉 快記先生(分析化学者・バイオ技術者)

こんな先生・教授から学べます

入学前から就職まで、学生と二人三脚でゴールを目指す先生

分析化学者・バイオ技術者
生命バイオ分析学科 
渡邉 快記先生
先生の取組み内容

食虫植物の消化液の活用、コーヒーの香りがもたらすリラックス効果、椎茸が有する栄養成分…。実際に行った卒業研究テーマのごく一部です。分析化学というと難しいイメージがあるようですが、研究テーマは身近なところにあふれています。それだけに卒業後の進路は多彩で、医薬品や食品、化粧品、環境関連、材料など、例を挙げればきりがありません。在学中は数多くの実験に取り組みますが、皆さんにはぜひ「どう実験するのか」「どのような実験を行うのか」だけでなく、「実験結果が何をもたらすのか」に着目してほしいと考えています。具体的にはまず研究のゴール(目的)を明確に定めること。そうすることでゴールにたどり着くための道筋やペース配分が見えてくるからです。化学や生物が苦手な人でも心配無用!私と二人三脚で歩んで行きましょう。

食虫植物の消化液から人体に良い効果がある物質を見つけ出し、医薬品への実用化を目指す

授業・ゼミの雰囲気

学生一人ひとりの知的好奇心を刺激し、楽しみながら技能を身につけ、より高度な分析化学の世界に誘う!

何事も学生の目線に立って考え、目標達成までの道筋については十人十色の答えを見つけたいと話す渡邉先生。空気、水、金属、動植物など身近なモノを知ること、よく見ることから「分析」とは何かを解説している。「入学年次に芽生えた知的好奇心をバネに、さらに高度な化学分析の世界に誘います。学生たちは目をキラキラと輝かせながら実験に取り組んでいます。楽しみながら身につけた技能は、就職後の仕事も楽しくさせるはずです」と話された。

好奇心をトコトン追究する卒業研究は、先生と学生が一体となって取り組める貴重な体験でもある

キミへのメッセージ

オンリーワンの学校で、オンリーワンの指導を受けたい方へ

体験入学では、先生自身が皆さんをお迎えしてアドバイスを行います。入学後も学校生活に寄り添い、就職活動もマンツーマンでしっかりサポート。日本唯一の分析化学の専門学校で、指導を受けたい人には最適です。

渡邉 快記先生

大学院では農学を専攻し、バイオテクノロジー関連の研究に夢中だったという渡邉先生。環境にやさしい肥料などの開発に、独自の視点からアプローチ。「昆虫がもともと持っている物質を用いて害虫被害を防げないか、試行錯誤の連続でした」と当時を振り返る。また、「担当科目は人生です」と答えるほど、学生の人間的な成長のサポートにも熱心に取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

日本分析化学専門学校(専修学校/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路