• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本理工情報専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 酒井 良さん(建築デザイン科/建築現場監督)

大阪府認可/専修学校/大阪

ニホンリコウジョウホウセンモンガッコウ

学校での学びは大きな糧となっています

先輩の仕事紹介

お客様第一!安全第一!を胸に施工現場を奔走中

建築現場監督
建築デザイン科卒/2018年卒
酒井 良さん

この仕事の魅力・やりがい

建築現場の監督をしています。さまざまな現場を巡回して施工の確認をしたり、現場の整理、図面の確認、材料の調整、お客様との打ち合わせなどが主な業務です。入社当初は、材料がうまく合わず調整で四苦八苦したり、分からないことばかりでいろいろな問題が発生しました。材料ひとつでも判断を間違えてしまうと、建築基準法に抵触してしまうこともあるので経験値が求められる場面も多々あります。また、ときには施工現場の周辺住民からのクレーム対応をすることも。しかし、難しい問題を乗り越え、ひとつの住宅を完成させ、お客様にお引き渡しできた瞬間は、何よりやりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から建物を見るのが好きで、世界の建物や工法などを調べていたら、次第にのめりこむように。そして「いつかは大きな家を建てたい」という夢を持っていました。父親が大工をしていて、高校生のときに手伝ったこともありました。そうしたこともあり、最初は大工を志していたのですが、学校で知識を得たほうが視野が広がると思い、進学を決意。日本理工情報専門学校のオープンキャンパスに参加し、先輩の作った模型を見たり、年に一度実施している大阪府公共建築設計コンクール「あすなろ夢建築」で設計プランを提出したりすることを知り、とても楽しそうに感じたので入学を決めました。

お客様の期待には精一杯応えたい

学校で学んだこと・学生時代

建築材料の授業が印象に残っています。コンクリートの性質や家が何の材料でできているか学べたり、石にも酸性に強いもの・弱いものがあったり、使用する材料で外観・内観のデザインが変わってしまうのを知って驚愕したり、とにかく面白かったです。図面やCADを使った実習も楽しかったです。前述した大阪府公共建築設計コンクール「あすなろ夢建築」で集会所の設計プランを提出。何度も何度も書き直しを繰り返し、ひとつの建物を作るのには時間がかかることを体感しました。結果は入賞しなかったですが、大きな達成感を得られ、考えの幅が広がったので貴重な経験になりました。図面も読めるようになり、それも今の仕事に役立っています。

日頃からアンテナをはって、情報収集することが大切

酒井 良さん

ファースト住建東大阪支店 勤務/建築デザイン科卒/2018年卒/現場監督として日々奔走している酒井さん。1年目で分からないことがあったら何でも聞けてフォローしてくれる温かい先輩たちに囲まれながら、奮闘中。「独学を入れるとミスが起きやすいので、決まった仕事を決まった通りにやるのが一番」と語る。現在、2級建築士・2級建築施工管理技士の取得に向けて勉強にも精を出している。学校選びのポイントは、実際に見ないと楽しそうな雰囲気や、そこにやりたいことがあるか判断しづらいので、オープンキャンパスへの参加を勧めるとのこと。「働くか勉強するか迷っているなら、学ぶことをおすすめします」と自らの体験を交えてアドバイスをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
日本理工情報専門学校(専修学校/大阪)