• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 日本理工情報専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 谷本 貴哉さん(建築デザイン科/建築・積算)

将来の可能性を広げてくれた学校に感謝しています!

先輩の仕事紹介

経験を積んで、お客様からも会社からも信頼される建築積算士になりたいです!

建築・積算
建築デザイン科卒/2019年卒
谷本 貴哉さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

国豊積算株式会社で、建築物に掛かるお金を算出するための数量を拾い出す、積算業務を担当しています。建物を建てるのに必要な部材やその数量などを図面から読み取り、数量を算出していくのですが、同じ部材でも、メーカーによって金額もさまざま。また、外装や内装の要望もさまざまです。そのため積算する側には多くの知識や経験が必要になります。お客様に納得していただける明細書を提示できるよう、日々、努力しています。覚えなければいけないことはたくさんありますが、一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の頃から数学が好きで、特に空間図形の問題を解くのが好きでした。また、製図にも興味があったんです。高校の選択授業では、CADを選択して学びを深めていくうちに、将来は建築に関わる仕事をしたいと思うように。日本理工情報専門学校に進学したのは、オープンキャンパスに参加したときに、建築に関わるさまざまなことが学べると知ったことや、体験授業で感じたアットホームな雰囲気が自分に合っていると思ったからです。在学中は、設計の基礎やインテリアや建築のデザイン技術、建物の構造や材料、設備などについて学びました。中でも積算の授業が楽しく、仕事としてのイメージがしやすかったので、積算士をめざすことにしました。

数字の入力には細心の注意を払っています

学校で学んだこと・学生時代

積算の授業はわかりやすかったし、楽しかったです。建物を建てるために必要な部材の仕様や特性からコストを算出する方法を学び、関係する法規についても学びました。部材は多岐にわたり、用途や素材もさまざまです。それらのことを基礎知識として習得できたことは、今の仕事にとても役に立っています。先生方は、質問や相談にも、僕が理解するまで丁寧に指導してくれました。放課後の自習にも付き合っていただき、感謝しています。印象に残っているのは、大阪府公共建築設計コンクール「あすなろ夢建築」のマンションのリフォーム設計プランで、最後の集大成として、とても良い経験でしたし、図面を読む力を養えたと思います。

上司や同僚は明るい方ばかり!楽しく仕事をしています

谷本 貴哉さん

国豊積算株式会社大阪事務所勤務/建築デザイン科卒/2019年卒/国豊積算株式会社大阪事務所で勤務している谷本さんは、積算の担当として、多くの建物の建築に携わっている。「僕はまだ経験が浅いので、ミスをしてしまうこともありますが、起きたことを整理し、改善して、同じミスはしないように気をつけています。実践経験をもっとたくさん積んで、求められる以上の結果を出していきたい。建築積算士と建築コスト管理士の資格を取得するのが直近の目標です!」と話してくれた。「勉強や仕事をしていると、辛いと感じることもあると思いますが、自分のやりたいことや夢に向かってがんばってください!」とエールを送ってくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本理工情報専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT