• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 武蔵野調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 道善 康平さん(ダブルプログラム科/パティシエ(洋菓子職人))

東京都認可/専修学校/東京

ムサシノチョウリシセンモンガッコウ

もともと祖父が営んでいた床屋をリフォームして洋菓子店を開店!

先輩の仕事紹介

“好き”を仕事に選んだことが、日々のモチベーションに繋がる。必要とされたときが一番嬉しいです!

パティシエ(洋菓子職人)
ダブルプログラム科/2011年3月卒
道善 康平さん

この仕事の魅力・やりがい

東京の葛飾区で、タルトや焼菓子を中心とした洋菓子店「Tartelette Dozen」をオーナーパティシエとして営んでいます。パティシエは、“スイーツ”という物語の作り手。そのため、お店で使わせて頂く材料や果物の生産者の元へ訪れ、こだわりや想いを学びに伺うこともあります。その材料や果物を、より良い形でお客様に食べて頂きたいと、感謝と想いを込めて仕事をしています。日々の仕事で大切なのは、“チャレンジする姿勢”。常に新しい挑戦、美味しさを求め続けなければお店を続けていくことは難しいです。地域への挨拶・礼節・感謝を心がけ、様々な方々の意見を取り入れて、お客様に必要とされるお店を長く続けていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

1年で和・洋・中・製菓の全般を学び、2年では製菓の知識・技術を深めていきました。調理実習では、基本のレシピ通りに進めますが、材料により味や食感などがガラッと変わるんです。習ったレシピは、放課後や自宅でも実践。異なる材料や果物の産地、機械、製法を追求することで経験値を重ねました。知識や技術のレベルに自信がありましたが、先生に「味は美味しい!だけど、デコレーションが素朴だね」と言われ続けたことも良い思い出です。現在の仕事で役立っているのは「衛生管理」です。洋菓子に使用する卵は加熱処理が必要で、卵黄だけでも81℃まで加熱しなければなりません。しっかりと衛生責任を学んだことが今の仕事に繋がります。

道の駅でこども体験教室の講師として、クッキーを作りました!

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年生で将来を考えた時に、パティシエという仕事に興味を持ちました。自分が焼き菓子やタルトなどのフランス菓子を食べて感動を覚えたように、自分で作ったお菓子を食べた誰かを感動させたいと思い、武蔵野へ進学しました。学校での学びと並行して、放課後は製菓店でアルバイト、休みの日には洋菓子店やリストランテ、デパ地下などをまわってトレンドを見たりと、自分自身に投資してきました。この業界で仕事をするんだという強い意志を持つことができたのは、学生時代に揺るがない追求心・好奇心をしっかり宿すことができたからです。卒業後は、就職した有名パティスリーで現場経験を積み、独立して自分のお店を持つことができました。

お店での人気はタルトとムース。試行錯誤しながらメニュー開発しています

道善 康平さん

Tartelette Dozen(タルトレット ドウゼン) オーナーパティシエ/ダブルプログラム科/2011年3月卒/学生時代は、常に“なんで?”と感じることを意識づけ、好奇心・追求心をフル回転。正解・わからない・不正解のなかで「わからない」が一番問題なので常に考えることで、判断力がついていったと語る道善さん。「クラスメイトは、みんな個性的で、楽観的だったり真面目だったり色々な人がいました。ただ、テスト前になるとみんな真剣。切磋琢磨できました!」学生時代の友人とは、卒業しても連絡を取り合うことも多く、業界の話などを相談できる良い関係を築けているそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
武蔵野調理師専門学校(専修学校/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路