• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 専門学校舞台芸術学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 神野 紗瑛子さん(ステージアーティスト科/役者・俳優)

盛り沢山な2年間でした。公演の中で学んだ、稽古への向き合い方や礼節は、今の仕事にとても活かされています

先輩の仕事紹介

大好きな演劇を通して、誰かの明日を生きる力になりたい!

役者・俳優
ステージアーティスト科/2018年卒
神野 紗瑛子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

イッツフォーリーズの劇団員として、ミュージカルや演劇を中心に活動しています。俳優としての出演のほかに、劇団公演のスタッフ業務を行うこともあります。劇団では、東京公演だけでなく、全国でも様々なミュージカルを上演しています。その他に、小学生へ向けたミュージカルワークショップ等も行なっています。普段仕事をするうえで心掛けていることは、人の心、行動について詳しく理解するための情報収集です。例えば、様々なジャンルの舞台、映画を観て、それぞれの俳優さんの心の動き、それをどう表現しているのかを徹底的に分析したり、本を読んで理解力を深めています。また、周りの人と接する中でも、新しい発見がたくさんあります。

学校で学んだこと・学生時代

舞台芸術学院は、ミュージカル、ストレートプレイと科を分けず、多様な「俳優」としての技術を2年間でたっぷり教えていただけるところが魅力に感じました。数多く行われる発表会や公演では、学生として学びつつも、先生方が私たちをひとりの俳優として見て、接してくださったので、リアルな実践経験を積むことが出来ました。俳優としての演技や表現の技術の他に、授業や普段の学校生活、公演の中で教えて頂いた、稽古への向き合い方、先輩、スタッフさんへの礼節は、劇団に入団してから本当に活かされています。先生方が、表現を志す者同士として、しっかり向き合ってお話しをしてくださったことがとても嬉しかったことを覚えています。

俳優として幅広く学べるところが良かったです

分野選びの視点・アドバイス

俳優は、人間の深淵を探り、目の前の相手役と本当に心の底からのやり取りをしなければならない仕事なのだと思います。深い思考力、理解力、そしてなによりも行動力、勇気のある人間が求められているのではないかと思います。学校選びでは、いろいろな演劇系の学校の校内発表、卒業公演などを観に行きました。公演を観ることで、その学校で何を学べるのか、何を「1番大切なこと」として教えているのかが直にわかりました。実際に必ず学校まで足を運ぶこと、その学校の行事、演劇系の学校ならば公演を見学して、自分のやりたいこと、学びたいことに合っているのかをしっかり考えることが大切だと思います。

神野 紗瑛子さん

ミュージカルカンパニーイッツフォーリーズ/ステージアーティスト科/2018年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
専門学校舞台芸術学院(専修学校/東京)
RECRUIT