• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 文化服装学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 榎本 朝美さん(アパレル技術科(3年制)/パタンナー)

東京都認可/専修学校/東京

ブンカフクソウガクイン

服作り全般に関わるこの仕事が大好きです

先輩の仕事紹介

デニムのファッションを通して、日本のすばらしい生産技術を世界に発信しています!

パタンナー
アパレル技術科 生産システムコース/2008年4月卒
榎本 朝美さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は『Lee』というブランドのパタンナーとして、服づくりの仕事に携わっています。企画スタッフと一緒に新商品をプランニングし、パターン(型紙)や仕様書をつくることが私の主な仕事ですが、素材や縫製方法などについて工場長らと話し合うなど、服づくり全般に関わっています。多くの仲間と力を合わせてつくった商品が、ファッションビルの様々なショップに並んでいるのを見ると、この仕事のやりがいを感じますね。休日にふらりと入ったショップで、自分が関わった商品を手にとって見ているお客様がいると、駆け寄って商品の魅力をアピールしたくなることもあります。自分が関わった商品には、それほどの思い入れがあるんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

美術系の短大を卒業後、私は一度ウェディングドレスメーカーに企画職として就職しました。そこで実感したのは、服飾の専門知識をより深く理解して、仕事のレベルをさらに高めたいということ。そこで、ファッションの知識を基礎から学ぼうと考えて文化服装学院に入学しました。文化で服飾に関する幅広い知識や技術を学ぶうちに、服のつくり手になりたいという思いがふくらみましたが、特に興味をもったのが生産システムについて。服飾メーカーの工場にあるものと同じ設備を使って、服を生産する工程を授業で学ぶうちに興味が湧いたんです。現在勤務している会社を選んだのも、自社工場があるメーカーで働きたいと考えたからでした。

街行く人やファッション誌を見て感性を磨いています

業界ココだけ話!

現在、私が担当しているのは主にデニムのパンツ。デニムは加工の際に生地が縮むのですが、縮率は生地の種類によって大きく異なります。そうした特性を理解しながらパターンをつくるには、生地に対する深い知識と経験が必要。とても奥が深い仕事なんですよ。最近、服飾メーカーの生産拠点が海外に移るケースが増えていますが、当社のデニムの多くは国内で生産しています。なぜなら、日本には世界から注目されるほど、レベルの高い生産技術があるからです。私もデニムのファッションに関わるクリエイターの一人として、日本のすばらしい生産技術を、今後も世界に発信し続けていきたいと思っています。

学校で学んだ服づくりの知識を存分に活かしています

【自分の"やりたい"】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

榎本 朝美さん

株式会社エドウイン商事勤務/アパレル技術科 生産システムコース/2008年4月卒/美術系の短大を卒業後、ウェディングドレスメーカーに勤務。同社を退職して文化服装学院で学んだ後、株式会社エドウイン商事に就職。現在は『Lee』というブランドでパタンナーとして活躍している。「文化服装学院には個性的な人たちがたくさん集まっていますが、“ファッションが好き”という価値観が共通しているため、仲間をたくさんつくることができました。また先生方が学生にとても親身に接してくださる点も同校の魅力。私は今でも時々キャンパスに足を運び、学生時代にお世話になった先生に仕事の相談をすることもあります。とても心強く思っています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文化服装学院(専修学校/東京)