• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 文化服装学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮澤 正秀さん(ファッション流通科(2年制) スタイリストコース(2年制)/ファッションプレス)

東京都認可/専修学校/東京

ブンカフクソウガクイン

夢は学生時代の友人と仕事でコラボすること!

先輩の仕事紹介

めざすは「名物プレス」。5年後、10年後は僕等の時代を作る!

ファッションプレス
ファッション流通専門課程 ファッションディレクター専攻(現 ファッション流通科 スタイリストコース)/2004年3月卒
宮澤 正秀さん

この仕事の魅力・やりがい

雑誌やテレビ用の衣装の貸出のほか、年4回行われる展示会の準備、顧客へのPRの他、各店舗への営業も担当していますが、どれもプレスとして大事な仕事。中でも、自分がおすすめしたアイテムが実際に雑誌に掲載されるのはすごくうれしいですね。自社ブランドは、「HOW NATURAL?」と「Racal」。最近では、人気バンドのメンバーが着ていたり、裏代官山の人気専門店『時しらず』や、関東、関西のセレクトショップ、インターネットショップ『ZOZO TOWN』でも人気上昇中なんですよ。いかに自社ブランドをうまく時流に乗せ、PRしていくかがプレスの腕の見せどころ。いつか雑誌に顔写真入りで紹介されるような名物プレスになりたいと思っています。

学校で学んだこと・学生時代

文化服装学院では3年間で自分のやりたいことを見つけたいと思っていました。まず、スタイリスト科の2年間ではデザインから仕上げまでの洋服作りからスタイリングの基礎から応用までを勉強。そして3年次のファッションディレクター専攻に進級したんです。ファッションショーの企画立案とプレゼンテーションをした卒業制作は、すごく大変だったけどいい思い出。今、学校で勉強したことが1つ1つフラッシュバックしてくるような感じです。ファッションの基礎以外に、デザインソフトIllustratorの使い方や、Excelで商品アイテム一覧表を作ったりもしましたがどれも社会人にとって必要なスキルだから、学校には感謝してるんですよ。

ブランドのPRと販売促進の2つの重要な仕事

これからかなえたい夢・目標

文化服装学院で学んだ一番の収穫は、“仲間ができたこと”。スタイリストのアシスタントやデザイナーの卵、ファッションライターなどで活躍している同級生たちもたくさんいます。レイラインに就職できたのも実は同級生からの紹介だったんです。『大きい会社で歯車の一部になるよりも、小さい会社でいろんなことを覚えていくほうが勉強になるよ』って。同業者だけあって、同級生のアドバイスや仕事ぶりは刺激になりますよね。今はみんな修業中の身だけど、5年後、10年後にはきっと業界を支える人物になっていると思うんです。だから僕もそれまでに一人前になって、みんなと仕事でコラボレーションできたらいいなと。それが今の夢です。

様々な種類の服をチェックし、ブランドをPR

宮澤 正秀さん

(有)レイライン勤務/ファッション流通専門課程 ファッションディレクター専攻(現 ファッション流通科 スタイリストコース)/2004年3月卒/長野県立松川高校卒業後、スタイリストをめざして文化服装学院ファッション流通専門課程スタイリスト科に入学。ファッション流通専門課程 ファッションディレクター専攻卒業後、海外生活にあこがれてアルバイト生活を送るが、ファッション関係の仕事があきらめられず、22歳で(有)レイラインに入社。プレス(ブランドのPR)と営業担当(販売促進)として多忙な日々を送る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
文化服装学院(専修学校/東京)