• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 阪神自動車航空鉄道専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川端 裕也さん(自動車整備工学科/自動車整備士)

日本車とは違う構造を理解できるのも、この仕事の魅力

先輩の仕事紹介

難しい作業を任され、不具合を完璧に修理する。その瞬間が最高のやりがい!

自動車整備士
自動車整備工学科 卒/2014年卒
川端 裕也さん

この仕事の魅力・やりがい

整備士として私が勤務するモトーレン阪神は、ドイツの自動車メーカー・BMWを取り扱う販売店。関西でも最大規模の整備工場を保有しており、BMWにおける整備士の最高資格「マイスター」も数多く在籍しています。点検や車検など数多くの役割を担う毎日はとても楽しく、中でも難しい修理を任され、その不具合を完璧に直せた時は最高のやりがいを感じます。時間のかかる修理であっても、お客様をお待たせしないよう、いかに正確かつ迅速に作業を進められるかが整備士の腕の見せ所。それを実現できる技術とマイスターの称号をめざし、一所懸命にトレーニングを重ねる毎日です。

学校で学んだこと・学生時代

整備士の資格だけでなく、自動車業界で役立つ幅広い資格をめざせる学びが、阪神自動車航空鉄道専門学校を選んだ決め手でした。在学中は少しでも技術の幅を広げたいと、実技を中心に身体を動かす授業に積極的に参加。グループでの作業でも常に前に立って間近で車の構造の理解を深めていました。中でもエンジンの実技で得た知識と経験は今の仕事に役立っており、取得した資格の数々とともに私を支えてくれています。国家試験に向けた放課後の勉強にもずっと付き合ってくださった先生や、お互いのメーカーで培った知識を活かして今でも頻繁にアドバイスを送り合う仲間など、出会いや人間関係にも恵まれた学生生活でしたね。

複雑なエンジンの修理も学んだ知識が支えてくれます

分野選びの視点・アドバイス

自動車メーカーはそれぞれ特色が異なるため、就職活動ではより多くのディーラーを見学し、その違いを明確に理解することを心掛けました。私が就職先に外車ディーラーを選んだのは、日本車とは違う構造を知り、整備士の視野を広げたかったからです。こうしたメーカーのほか、カスタムショップなど整備士には数多くの活躍の場がありますが、どんな就職先へ進んでも一番大切なことは正確性や安全性を追求する気持ち。「お客様の命を預かっている」という責任を常に持ち続け、自分の輝ける場所で活躍してほしいと思います。

一つひとつの作業に安全を守るという使命を感じます

川端 裕也さん

株式会社モトーレン阪神 勤務/自動車整備工学科 卒/2014年卒/現在は四輪の整備士として活躍する川端さんだが、その夢の始まりは二輪免許の取得。自分のバイクをメンテナンスする楽しさから整備のプロを志したと言う。技術の向上にこだわる彼にとって、最先端の作業環境が揃うモトーレン阪神は理想的な職場だ。「自分が担当した業務の復習に加え、時には他のスタッフの仕事も確認するなど、スキルアップに励んでいます。メーカー主催のトレーニングにも継続的に参加していきたいですね」。憧れのマイスターをめざし、今日も努力を重ねる川端さんだ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

阪神自動車航空鉄道専門学校(専修学校/兵庫)