• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 阪神自動車航空鉄道専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 原 大輔さん(鉄道システム学科/鉄道車両整備士)

故障を未然に防ぐため、日々の検査業務は欠かせません

先輩の仕事紹介

整備をした車両がお客様を乗せ、安全に運航する姿を見るたびに、大きな誇りを感じます

鉄道車両整備士
鉄道システム学科 卒/2016年卒
原 大輔さん

この仕事の魅力・やりがい

子どもの頃から憧れていた鉄道業界で、鉄道車両の整備士となって3年目。東京メトロの安全な運行を支える一員として、日々の点検・検査業務や車庫内の運転業務に携わっています。鉄道整備において大切なことは、事前に故障を防ぐきめ細かなメンテナンスと、故障時の迅速な対応。この2つを達成するために、常に知識と技術の向上を目標に掲げています。私にやりがいを与えてくれるのは検査業務で直した車両が、翌日に多くのお客様を乗せて無事に運行する姿。特に大きな故障を時間をかけて修理した場合の喜びは格別です。今後も快適な車両をお客様にご提供できるよう、先輩方から多くのことを学び、成長を続けていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

私が阪神自動車航空鉄道専門学校を選んだ理由は、鉄道業界への豊富な就職実績でした。在学中は技術の習得や資格の取得に加え、オープンキャンパススタッフの活動にも積極的に参加し、人間力を高めました。鉄道の基礎から現場に役立つ実践的な技術まで、在学中に学んだことは数えきれないほど。資格対策においても実技講習を受けられる機会が豊富にあり、その難しさを体感することで“体で技術を覚える”大切さも理解できました。就職後の実務を意識した学びのおかげで、日々の検査業務やメンテナンスもスムーズに対応できています。

在学中に磨いた基礎があらゆる業務に活かされています

分野選びの視点・アドバイス

鉄道は何よりもまず安全が第一!そのために鉄道車両の整備士には、どんな状況におかれても冷静に行動し、考え、正しく対処できる力が求められます。毎日の授業に励み、専門的な知識や技術を高めるのはもちろんですが、ひとりの人間として広い見識や視野を養っておくことも大切だと思います。社会人と比べて自由な学生時代は、何にでも挑める貴重な期間。私自身も公共交通機関を利用して仲間とさまざまな場所に旅をするなど、2年間をフルに楽しみました。その体験の中で各交通機関の特徴や工夫を発見でき、就職活動でも大きなアピールポイントとなりました。皆さんにもぜひ数多くの挑戦を楽しんでほしいです。

技術や車両、企業の取り組み。広い知識が力になります

原 大輔さん

東京地下鉄株式会社 勤務/鉄道システム学科 卒/2016年卒/小学校低学年の頃から鉄道業界をめざしていた原さん。長年の夢を実現するため、在学中は知識と技術、人間力と、すべての成長に力を注いだ。兵庫にある同校から東京への就職をめざしたのは、やりがいと深い業務内容にこだわったからだとか。「鉄道の輸送に関われ、車両のメンテナンスにも携わることができる…。その大きなやりがいが向上心を持ち続けられる原動力です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
阪神自動車航空鉄道専門学校(専修学校/兵庫)