• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 阪神自動車航空鉄道専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 義友 雄大さん(二輪整備工学科/二輪自動車整備士)

スズキの人気モデルと向き合える毎日が楽しい!

先輩の仕事紹介

大好きなバイクと向き合いながら、自分の技術の向上を確かめられる毎日がやりがいです

二輪自動車整備士
二輪整備工学科 卒/2016年卒
義友 雄大さん

この仕事の魅力・やりがい

僕の職場はバイクメーカーであるスズキ株式会社の直営ディーラー。スズキの国内モデルのすべてを対象に卸売りから小売りまでを行っており、さまざまな部門で多岐にわたって活躍できます。現在は二輪車の整備士として、修理や点検、車検整備などをメインに担当。今までできなかった作業がスムーズにこなせるようになったり、難しい故障のケースでも的確に原因を探究することができたりと、大好きなバイクの世界で自分の技術の向上を確かめられる毎日はとてもやりがい深いものです。何よりうれしいのが、お客様からいただく「ありがとう」のひとこと。その言葉を聞くたびに日頃の疲れも吹き飛び、この仕事に就いて良かったと実感できるんです。

学校で学んだこと・学生時代

僕が学んだ二輪整備工学科は、その名の通り二輪車に特化した実践的なカリキュラムが特徴。バイクの構造や整備技術はもちろん、ショップでの仕事に必要なトラックへの積み下ろしやロープでの固定方法まで学ぶことができ、バイク業界の即戦力をめざす自分にとって最適な環境でした。お世話になった担任の先生も現場経験豊富な方で、その知識はまさに教科書以上!プロになった今でもよく相談に乗っていただくほどです。思い出に残っているのは、とても楽しかったクラスの雰囲気。バイクを愛する仲間同士、お互いの苦手科目を教え合ったりと、心強い信頼関係がありました。みんな切磋琢磨しながら、着実に夢に近づけた2年間でしたね。

細かな問題も見逃さないよう、丁寧な点検を心掛けます

分野選びの視点・アドバイス

新しい技術やモデルが次々に誕生するバイクの世界。その進化に伴い、今まで起きなかった故障に対処するケースも少なくありません。常に知識と技術のアップデートが求められる整備士は、プロになった後も毎日が勉強。努力の継続がスキルアップへの一番の近道です。忘れてはいけないのは人と人とが向き合う仕事でもあること。細かな情報やご要望にもしっかり耳を傾け、お客様にベストな整備の方法をご提案する。そして今日の経験を次回のより良いご提案につなげる…。僕自身、日々の仕事から多くのことを学んでいます。だからこそ学生時代のうちに思いきり楽しんでおくことも大切!学びと遊びのメリハリをつけて、貴重な2年間を満喫してください。

義友 雄大さん

株式会社スズキ二輪 勤務/二輪整備工学科 卒/2016年卒/義友さんが整備士の道へ進むことを決意したのは高校3年生の時。「進路選択の際に頭に浮かんだのが、幼い頃から持ち続けていたバイクへの憧れでした」。阪神自動車航空鉄道専門学校で整備士の基礎を固め、現在の職場へ就職。メーカー100%出資である直営店ならではの、制度と待遇に魅かれたという。「福利厚生も充実していて、恵まれた環境で働けていると思います。今の状況に甘えることなく、初めて行う仕事にも積極的にチャレンジを続け、今後も自分の経験値を積み重ねていきたいですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
阪神自動車航空鉄道専門学校(専修学校/兵庫)