• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 平岡栄養士専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 畠田 佳奈さん(栄養士科/栄養士)

福岡県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/福岡

ヒラオカエイヨウシセンモンガッコウ

栄養のあるバランスのとれた病院食の提供に努めています

先輩の仕事紹介

病院での栄養士は、献立・調理、食事療法の指導などを任され、責任とやりがいのある仕事です

栄養士
栄養士科卒/2013年3月卒
畠田 佳奈さん

この仕事の魅力・やりがい

入院患者様の栄養管理、献立作成・発注、食事作りを担当しており、外来の患者様への栄養指導が主な仕事内容です。在学中に習った調理実習をはじめ、限られた時間内に大量の調理を行う集団調理は、今の業務にとても役立っており、平岡で学んで本当に良かったと思っています。そんな食事を提供していく中で、入院された方が食欲が出てきて食べられるようになっていく姿を見ると、とても嬉しく思います。また、高齢者の患者様は、なかなかうまく食物が喉を通ることができないことがあるので、流動食に変えるなどの工夫を行います。そして、毎回「美味しかったよ」と声をかけてくださる方もいて、もっとおいしい食事を作ろうと活力が湧いてきます。

学校で学んだこと・学生時代

平岡の明るく元気でパワーがある雰囲気が私に合っていて、のびのびと過ごせました。先生方とも近い距離感で接することができるので、授業以外でも楽しくおしゃべりしたり相談にのっていただけました。「授業や実習など学ぶ時はしっかり学び、楽しむ時はおもいっきり楽しむ」ことができるのが平岡ですね。本当にいろんなイベントがあってすごく楽しかったです。球技大会で応援部門で1位になったり、体育祭や予餞会もありました。文化祭は実行委員長を務め、自分たちで一から作り上げようとクラスメイトや他学科の人たちと協力しあって物事を作り上げるプロセスやコミュニケーションを学ぶことができて、自分が成長できた素敵な思い出です。

患者様の顔を思い浮かべながら献立作成を行います

これからかなえたい夢・目標

栄養士はとてもやりがいのある仕事です。食事は生活の中心だと私は思っているので、そこに関われることはとても素敵なことで、大事な役目だと感じています。一人ひとりに合った食事を考えて作ることで、カロリーはもちろんですが、食事形態など食べる方の事を思って作ると、その気持ちは届き、とても喜んでいただけることが多いです。また、外来の患者様に食事療法を指導させていただくことがあるのですが、今以上に悪くならないようにと知識と思いを伝えています。食生活を変えることは簡単にできることではないですが、「行動に移そう」と思っていただけるような伝え方をしていけるように、より一層頑張っていきたいです。

看護師と患者様の情報を共有していきます

畠田 佳奈さん

徳永循環器科内科医院勤務/栄養士科卒/2013年3月卒/専修大学玉名高校(熊本県)出身。自分自身が食べることが好きで、太らずにたくさん食べられたらいいなと思ったのが栄養の勉強を始めるきっかけに。平岡は高校の先生の紹介で知ることになり、その時の言葉が「パワフルなところが畠田に合っている」と。実際に入学して間違いはなかったと実感したそうだ。就職は地元の熊本へ。病院では明るく元気な性格は患者様からも慕われるほどの人気者。現在、管理栄養士を目指して勉強中である。趣味は、旅行や着物でのお出かけ。芸術にも造詣が深く、美術館や博物館巡りを楽しんでいるそうだ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

平岡栄養士専門学校(専修学校/福岡)