• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 平岡栄養士専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 古野 真美さん(栄養士科/管理栄養士)

福岡県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/福岡

ヒラオカエイヨウシセンモンガッコウ

美味しくて栄養バランスのとれた献立を作成しています

先輩の仕事紹介

調理もできる栄養士に献立力をプラスして、患者様に寄り添った管理栄養士を目指します

管理栄養士
栄養士科/2011年卒
古野 真美さん

この仕事の魅力・やりがい

病院食の調理業務と透析食の献立作成を主に行っています。管理栄養士としての知識と経験、技術をも用いて調理師と協力し合ってたくさんの病院食を作るわけですが、患者様の症状や病歴によって献立も変わってきますので、限られた時間の中で注意深く調理を進めています。また、透析食の献立作成とは、腎臓機能の低下した患者様に合った食事を提供するもので、タンパク質制限や塩分調整を考えるなど、より専門知識が必要になり先輩と相談しながら作成しています。そして、自分が満足する味付けができた時や、患者様から「浜の町病院の食事は美味しい」と言っていただけ時は、本当に嬉しくてこの仕事をやっていて良かったと思える瞬間です。 

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から台所に立って母が料理をするのを手伝う事が好きだったので、料理に興味を持っていました。高校生になって将来の進路を考えていた時、料理に関係する仕事がいいなと思いいろいろ調べてみたら「栄養士」という仕事があるという事を知りました。進路の先生に相談したところ、調理だけでなく栄養について深く学べる平岡栄養士専門学校がある事を教えていただき入学を決めました。入学後は、さまざまなシーンで人々の健康を管理し、よりバランスのとれた食事を提案していくことや、調理実習では、包丁の使い方から魚のさばき方、たくさんの料理を作る集団調理など、栄養士として現場に就いた時にすぐに実践できる内容を多く学べました。

衛生面に気を付け技術を持って病院の食を支えています

これからかなえたい夢・目標

在学中は、文化祭のリーダーを務めたことで、みんなに指示をしまとめることの大変さを知り、その分人一倍の達成感が得られました。勉強ばかりだけでなく、いろんな学校行事に積極的に参加して楽しい思い出がいっぱいできました。そして、卒業と同時に栄養士の資格を取得して就職。働く中で、病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理、栄養管理を行うことができる管理栄養士の資格取得を目指し、2018年3月に合格することができました。これからは今までの現場での経験を活かし、患者様に寄り添った栄養指導ができる管理栄養士になりたいと思っています。

平岡卒業生の中山さん、丸山さん、他、平野さんも同じ職場で活躍中

古野 真美さん

国家公務員共済組合連合会 浜の町病院勤務/栄養士科/2011年卒/武蔵台高校(福岡県)出身。昨年、福岡県の管理栄養士・栄養士を対象とした「第2回チャレンジ!レシピコンクール」に同僚と出場し見事1位を獲得。福岡県の地産品を使用したレシピを自ら作成し調理するもので、受賞はとても自信になり、お世話になった病院の方々に喜んでもらえて嬉しかったとのこと。また、福岡県には米、肉、魚など豊富な食材が揃っている事を改めて実感し、これからもそんな食材を使って美味しいレシピを作っていきたいと意欲を示す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

平岡栄養士専門学校(専修学校/福岡)