• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 平岡調理・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 堀田 大貴さん(調理師専修科/調理師)

努力するほど技術が身につく専門職はやりがいを感じます

先輩の仕事紹介

人を笑顔にできる料理は楽しい!新しい知識を得る度に自分の料理の幅も広がります

調理師
調理師専修科 卒/2016年卒
堀田 大貴さん

この仕事の魅力・やりがい

ザ・キャピトルホテル 東急のオールデイダイニング「ORIGAMI」で前菜とデザートを担当しています。仕事のやりがいは、自分が作った料理でお客様が笑顔になったり、感動していただけること。シェフがお客様からの感想を伝えてくださる時に、美味しかった、見た目が良かったなど、そのような感想が聞けると本当に嬉しいです。また、ORIGAMIは二つ星を獲得したフランス人シェフと提携しており、定期的にメニュー作りに携わっていますが、新たな知識を得ることで自分の料理の幅が広がるのでとても楽しいです。やればやるだけ技術は上がりますし、自分が身につけた技術はなくなりません。将来、福岡で自分の店を出すために、腕を磨き続けていきます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと食べることが好きで、自分でも美味しい料理を作ってみたいと思ったことが料理人を目指した理由です。料理に興味はありましたが、本格的に作ったのは学校に入ってからでした。西洋料理を選んだのは単純にかっこいいなというのが理由ですが、仕事として取り組んでいて発見も多く、料理の楽しさを実感できているので良かったと思います!進学は、地元の学校を考えていたのですが、平岡の体験入学に行った際に設備や授業の内容が充実していることを知り変更。就職先の実績が関東まで幅広くあったので、目指すなら目標は大きくと思って決めました。実際、東京に就職できて、毎日が充実!今後も色々な経験をして成長していきたいです。

国会議事堂近くのホテルで多くのお客様を迎えています

学校で学んだこと・学生時代

学生時代に基礎的な食材の切り方や包丁の使い方、整理整頓しながら作業をすることを重点的に学びました。そのおかげで入社当初に任せてもらった基本的な仕事に確実に対応できたと思います。また、調理実習の授業は実践的で好きでしたし、外部から講師を招いてその方の料理を見て学ぶ特別講座は知らないことをたくさん学べる貴重な時間でした。思い出深いのはグルメピック。放課後も夜までずっと練習を重ねて九州予選を突破し、全国大会へ行くことができました。大変でしたが、出ると出ないでは経験の差が出るので、チャンレンジできて良かったと思います。現在もコンクールに向けて練習中!大変ですが、やりがいがあるので頑張っています。

大切なのは、常に同じクオリティの料理を提供すること

堀田 大貴さん

株式会社ザ・キャピトルホテル 東急 オールデイダイニング ORIGAMI 勤務/調理師専修科 卒/2016年卒/福岡県立門司大翔館高等学校出身。第31回全国調理技術コンクール(通称:グルメピック:全国調理師養成施設協会主催)西洋料理部門全国大会出場。東京・永田町にあるザ・キャピトルホテル 東急のオールデイダイニングORIGAMIで前菜やデザートの担当を基本に、IHコンロのポジションではパスタを担当。「専門職は努力を重ねるだけ自分の技術が身につきますし、しかも料理は楽しいんです」と明るく頑張る努力家だ。コンクールへの挑戦も続けており、休日も出社し、時にはシェフや料理長にアドバイスをもらいながらキッチンの一角で練習を重ねている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

平岡調理・製菓専門学校(専修学校/福岡)