• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 平岡調理・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川上 貢司さん(製菓衛生師専修科/パティシエ(洋菓子職人))

ずっとパティシエになりたかったので、毎日が楽しい!

先輩の仕事紹介

お客様の結婚式に携われることがとても幸せ。腕を磨き、コンクールにも挑戦し続けます

パティシエ(洋菓子職人)
製菓衛生師専修科 卒/2017年卒
川上 貢司さん

この仕事の魅力・やりがい

グランド ハイアット 東京でペストリーショップに並べるケーキをはじめ、レストランや結婚式のデザートなどを担当しています。中でも、結婚式に携われることが何よりも幸せです。結婚式ではオープンキッチンでフランベなど目の前でお客様にサービスすることがあり、普段お客様に接する機会が少ないので、目の前のお客様が美味しいと召し上がっている笑顔を見られることが大きな喜びです。また、パティシエとしてコンクールにも挑戦。情熱のあるチームですし、会社も練習場所の提供など応援してくれるので、切磋琢磨しながら頑張っています。将来の目標は自分の店を持つこと。学べることは全て学び、コンクールでネームバリューを上げていきます!

この分野・仕事を選んだきっかけ

何がきっかけだったかは思い出せないのですが、中学生の頃からお菓子を作っていました。食べるより作る方が好きで、友人の誕生日や卒業式にマカロンなどの焼き菓子をよく作っていました。もともとのパティシエになりたい気持ちに加え、周囲の人たちに自分の作ったもので喜んでもらえることが嬉しくて、その経験がさらなる後押しになったと思います。平岡への進学は、製菓の先生方が輝かしい経歴を持った方ばかりだと知って、この先生たちに学びたいと決意。入学後は毎日ケーキなどを自宅で作って学校に持って行き、先生方にアドバイスをもらっていました。ずっとパティシエになりたくて頑張ってきたので、今は楽しく充実しています。

チャレンジが大事!理想に向かって日々頑張っています

学校で学んだこと・学生時代

学校生活で思い出深いのはやはりコンクールへの出場です。一日中、製菓の先生方も付きっ切りで手伝ってくれたこともあり、九州地区から予選を勝ち抜いて全国大会に出場し、入賞できました。先生方からも祝福の言葉をいただき大変光栄でしたし、製菓の先生方と共に熱心に向き合えたことが、学生時代の最高の思い出になりました。また、平岡はカフェが併設されており、現場さながらの実習ができることも強みです。学生時代に、お客様からお金をいただいて料理やデザートを提供する経験はなかなかできません。自分たちで作って食べるだけでは、あれほどの緊張感は味わえないので、大変良い経験になりました。

お客様にとって大切な一皿一皿に、真摯に向き合います

川上 貢司さん

株式会社森ビルホスピタリティコーポレーション グランド ハイアット 東京 ペストリーキッチン勤務/製菓衛生師専修科 卒/2017年卒/長崎県立対馬高等学校出身。2017年第9回製菓衛生師養成施設 技術コンクール全国大会入賞、第22回内海会ジュニア技術コンクール チョコレートを主体にしたピエスモンテ部門 金賞。2017年の入社から積極的に腕を磨き続け、今はムースの合わせなど、デザートにとって重要な仕込みを任されることも多く、その一つひとつの仕事に確実に応えて次のステップへ上がれるよう、日々努力を重ねている。将来の目標は自身の店を持つこと。コンクールにも挑戦して結果を残し続けたいと、練習にも意欲的に取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
平岡調理・製菓専門学校(専修学校/福岡)