• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 平岡調理・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 和田 ゆなさん(製菓衛生師本科/パティシエ(洋菓子職人))

美味しいと言われるパティシエをずっとやっていきたい

先輩の仕事紹介

美味しいと言ってもらえたときが最高に嬉しい!パティシエのやりがいを感じる瞬間です

パティシエ(洋菓子職人)
製菓衛生師本科 卒/2012年卒
和田 ゆなさん

この仕事の魅力・やりがい

ホテル日航熊本でパティシエとしてケーキやデザートを作っています。やりがいを感じるのは、なんと言っても食べた方に「美味しい!」と言ってもらえたとき。直接お客様にお会いする機会は少ないですが、サービスを通してそんな反応を聞くと本当に嬉しくなりますし、どんなに大変な作業もその一言ですべてが報われ、この仕事をしていてよかったと思えます。また、ブライダルでオリジナルのウエディングケーキを担当することもありますが、お客様のご希望通りに仕上げることは簡単ではありません。だからこそウエディングの後、ブライダル担当からおふたりが喜ばれていましたと聞くと本当に嬉しいです。頑張った甲斐がありますし、喜びを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代、お菓子作りが趣味で、家でお菓子を作っては学校に持って行っていました。その時に友達に美味しいと言ってもらえることが嬉しくて、これを仕事にできたら楽しいなと思ったことがパティシエを志したきっかけです。平岡の体験入学に行き、雰囲気が明るく楽しかったことと、都会過ぎない土地柄に惹かれて入学を決意。1年ほど学んだ頃に皿盛りのデザートに興味を持ち、もっと作ってみたいと思ったことがホテルで働きたい理由の一つになりました。今も、レストランのデザートを考えているときが、難しいですがすごく楽しいです。コストや旬の素材、県産のものなど、様々な条件の中でこれだ!というものが作れると嬉しく、達成感があります。

生クリームを塗るナッペは学生時代ずごく練習しました

学校で学んだこと・学生時代

製菓衛生師本科は1年制でしたが、クラスや寮の友達に恵まれ、毎日楽しく過ごせました。実技の時間が多く、実習台で1人1台作ることができるので、1年でも多くの技術や知識を学ぶことができたと思います。試験前には実習室が開放されていたので遅くまで練習していました。やはりパティシエは技術が大事なので、あの頃実技を頑張っていたことは今につながっていると感じます。学校行事も多く、体育祭のときにクラスで最優秀賞をいただいたことはいい思い出です。一致団結してダンスの演目や衣装を決め、練習を重ねてすごく盛り上がりました。行事が多いことでみんな仲良くなりますし、横のつながりもでき、今でも会って情報交換などしています。

工夫を凝らしたココナッツのムースとマンゴーのソルベ

和田 ゆなさん

ホテル日航熊本 製菓 勤務/製菓衛生師本科 卒/2012年卒/熊本県立水俣高等学校出身。熊本城のお膝元、街の中心に位置するホテル日航熊本で、宴会や婚礼はもちろん、レストランやケーキショップのデザートやケーキを担当。2020年3月で入社8年となり、今では自分のアイデアを商品化する機会も増え、入社当時とは仕事のやりがいも大きく変わってきたそう。休日は九州だけでなく、東京まで足を運んで食べ歩き。常に新しいものを見たり食べたりすることを心掛け、自分のアイデアに活かして試作を繰り返し、お客様に提供するデザートやケーキへと昇華していく。今後は、チョコレートの技術をさらに磨いていきたいと意欲的だ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
平岡調理・製菓専門学校(専修学校/福岡)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路