• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 平岡調理・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 原 友輝さん(製菓衛生師本科/和菓子職人)

鈴懸のお菓子をお祝いや贈り物に使ってもらえたら嬉しい

先輩の仕事紹介

和菓子はシンプルで奥が深い。常により良いものを目指す向上心がやりがいに繋がります

和菓子職人
製菓衛生師本科 卒/2017年卒
原 友輝さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

鈴懸の各店舗に出すお菓子を朝、昼と作り、翌日の準備まで1日を通してお菓子作りをしています。私は2年ほど餡子場を担当。たまに餡子場を離れ、熟練の先輩のそばで作業させてもらうなど、臨機応変に作業できるのも楽しいです。工夫していることは段取り。丁寧かつ効率よく仕事が進むように動き、スムーズに終えられた1日の達成感は格別です。四季を感じられることも和菓子作りの魅力で、春は桜餅、秋は栗のお菓子など、手作りなので作る度に様々な技法が身に付くのも嬉しい。材料や工程がシンプルなだけに奥が深く、自分の実力が仕上がりに反映します。そのため常により良いものを作ろうという向上心が生まれ、やりがいに繋がっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

手作業でものづくりがしたくて工業科に進んだ高校時代、自分が本当にやりたいことは何か、将来を真剣に考えました。自分を見つめなおした結果、趣味の料理に思いが至り、さらに一歩引いた観点で考えた時にお菓子がありました。和菓子はシンプルでモダンな印象がすごく好きで、子どもの頃からよく食べていたので迷わず選択。心機一転、食に関わるものづくりに進もうと決めて選んだのが、1年で基礎が学べる平岡調理・製菓専門学校でした。そして学生時代に10店舗近く福岡の和菓子屋を巡り、印象深かったのが鈴懸。特に、すっきりとした味の餡子が美味しくて、ここで技術を身に付けたいと志しました。洗練されたデザインに惹かれたのも理由です!

餡子炊きは力仕事!毎日美味しい餡子を作っています

学校で学んだこと・学生時代

就職を見据え1年コースに入学し、製菓の基礎を学びました。印象深いのは、大画面モニターのあるコンベンションホールで受けた特別授業です。コンテストで何度も賞を獲得された有名な料理人やパティシエを特別講師に迎え、大画面に映し出される講師の手元を見ながらプロの技術を学ぶ、とてもレベルの高い授業でした。そんな機会は卒業後は得難く、貴重な授業だったと思います。また、行事が多い平岡で思い出深いのは文化祭。和菓子、洋菓子、パンに分かれて行うバザーは、リーダーやサポート役を中心に準備から実演販売までチームで行う本格派。同じ目標を持つ仲間と団結力も生まれますし、実際にお客様に販売する緊張感は良い経験になりました。

段取りを考え、効率よく丁寧に作業を進めていきます

原 友輝さん

株式会社鈴懸勤務/製菓衛生師本科 卒/2017年卒/大牟田高等学校出身。平岡で基礎をしっかり学んだ原さんは「学校で学ぶ基礎の技術は現場で必須なので練習しておくべき。就職でもアピールポイントになります」と後輩へアドバイス。今は、専門学校時代の担任教師の言葉“調理や製菓の仕事はアスリート×芸術家”を実感する日々。「餡子炊きは力仕事で1日中汗をかくこともありますし、仕上がりを判断するにも、商品開発にも芸術的な感性が必要。日々意識しています」。そんな彼から分野選びに迷う高校生へメッセージ。「将来を考える時、今だけでなく子どもの頃から振り返り、何が好きで何が得意か自分を見つめなおすと意外とヒントがあると思います!」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

平岡調理・製菓専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT