• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 平岡調理・製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 万理さん(製菓衛生師本科/パティシエ(洋菓子職人)・店長)

宝石箱のようなショーケースを見たお客様の反応も嬉しい

先輩の仕事紹介

甘いものを食べると自然と笑顔になる!たくさんの人を笑顔にしたいと思いました!

パティシエ(洋菓子職人)・店長
製菓衛生師本科 卒/2008年卒
田中 万理さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

四季折々のフルーツを使ったタルトを販売しています。たくさんのタルトが並ぶ中、自分が作った商品を目の前でお客様が購入してくださったときはとても嬉しいです。商品を見て「美味しそう」「綺麗」と反応してくださるお客様もいて、もっと綺麗に作ろう、上手になろうというやる気に繋がります。仕事で大切にしていることは、コミュニケーションです。約50名のスタッフが一緒に働いているので、意思の疎通が図れなければ、安心安全で美味しい商品をお客様に販売する事はできません。お互いに理解し合えているか、しっかりと向き合って話をします。スタッフ同士が同じ方向を目指して日々楽しく働くことが、お客様の喜びに繋がると思っています。

学校で学んだこと・学生時代

製菓衛生師科が新設した最初の入学生で、広く綺麗な施設や最新の設備が魅力でした。思い出深いのはリーダーシップをとって班をまとめた実習です。4人の班で、みんなでよく話し合い、協力しながら実習を進めていました。今の仕事に活きているのは食品衛生の授業です。飲食店では安心安全な商品の提供が最も大切で、行き届いた衛生管理がお客様の信頼に繋がります。また、学習面でも実習面でも基礎が身についているため、働き始めてからのステップアップが早いなと実感しました。学生時代はみんなとても仲が良く、違う学科の同級生や先輩方とも仲良し。体育祭など、みんなで協力し合う機会が多かったので、学校に行くことがとても楽しかったです。

スタッフ同士のコミュニケーションを大切にしています

分野選びの視点・アドバイス

小さい頃に憧れる「パティシエ」という職業はキラキラした印象ですが、体力勝負で、丁寧かつスピーディに動ける人物が求められます。毎日が誰かの誕生日・記念日なので、日々意識を高く持って、全ての商品を完璧に製造することが大切です。私が仕事選びで重視したのは「好きなことを仕事にすること」。仕事にすると見たくない一面を見ることもあるので、それを乗り越えられるくらいの「好きなこと」を大切にし、接客をしながらケーキにも関わりたいと思っていたため、この職場を選びました。まずは、興味のあることから考えてみてください。興味があると何かしらの思いが生まれ、目標が生まれ、行動することでやりがいが生まれてくると思います。

日々楽しく、お客様に寄り添った接客を心掛けています

田中 万理さん

キルフェボン株式会社勤務/製菓衛生師本科 卒/2008年卒/「幼いころから祖母と一緒にお菓子を作ることと、喜んで食べてくれる家族の姿が好きで、接客も製造もできるお店で働こうと思っていました」と田中さん。就職活動時に、タルトの専門店はまだ珍しく、お客様に寄り添った接客も魅力的で「キル フェ ボン」へ入社。福岡店、青山店を経て、現在は横浜店でタルトの仕上げや商品のカット作業、販売業務、また店長として店舗の売上管理、製造管理、人材教育を行っている。「今後は数店舗を統括するマネージャーになりたいです。これまで経験した店舗ごとの違いや他の店舗の良い点を取り入れて、もっと良い店舗にしたいと思っています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
平岡調理・製菓専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT