• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道芸術デザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中山 琴未さん(建築デザイン学科/建築士)

ベストを尽くし、思いが込められた完成住宅にて

先輩の仕事紹介

ゼロから創り出せる設計の仕事が好き!知識や技術を蓄積してベストな仕事につなげたい

建築士
建築デザイン学科 建築士専攻 卒/2015年卒
中山 琴未さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

小さいころから建築に興味があり、専門学校で設計という仕事に出会いました。何もないところから創り出していくプランニングが一番好きで、楽しいです。お客様との打合せからプランニング、そして設計から現場管理まで、最初から最後まで携われることにやりがいを感じます。心がけているのは、まず自分が楽しむこと。そして楽しさをお客様と共有することです。そして建築にはたくさんの人の手が必要になります。その一人ひとりに熱意を伝えて、いい仕事につなげたいです。今はとにかく「学びたい」です。もっと知識や技術を蓄積して選択肢の引き出しを増やし、思い描いたことを形にできるようにして、その時にできるベストを表現したいです。

学校で学んだこと・学生時代

少人数で学び、個性を伸ばしてくれた2年間の学生生活でした。自由な考え方を尊重してくれたので、自分のペースで学ぶことができたと思います。先生たちは設計事務所やデザイン事務所を主宰しているので、事務所を訪問して仕事現場を見て、先生が手掛けた住宅やビルなどを見学することもでき、とても刺激になりました。生きた教材が身近にある学びの環境はとても贅沢なこと。建築途中の施工現場見学の機会もあり、建築の仕事について、より深く知ることができます。設計事務所のことをもっと知るには、オープンデスクがおすすめです。将来の仕事をイメージできるので、積極的に参加して就職活動に役立ててください。

階段の仕上がりを入念に確認!設計した家には愛着が

分野選びの視点・アドバイス

分野選択には「問いを持つ」「体験する」「柔軟でいる」ことが必要だと思います。普段から“問い”を持つことで日常のさまざまなことに気付く機会が増え、色々な“体験”により自身の世界を広げることができます。そして、将来について悩んでいるときこそ“柔軟”になり、選択の幅を広げることが大切です。芸術や文化、歴史、先端技術などと密接に関わる「建築」は、他分野との繋がりが多いので、“問い”や“体験”をさらに意識することができると思います。建築の知識をきっかけにして他分野に挑戦したり、他分野への理解を深めながらひとつの分野を突き詰めたりと、将来への選択肢が広がることで柔軟な発想ができるのではないでしょうか。

完成宅でカーテンなどの打合せ。いよいよ最終工程!

中山 琴未さん

有限会社伊達計画所勤務/建築デザイン学科 建築士専攻 卒/2015年卒/卒業後、二級建築士資格を取得。「小学生のころから建物に興味があり、よく建築中の工事現場を眺めていたような記憶があります。そのころからずっと建築関係の仕事をすることが夢でした」という中山さん。アート好きで、絵画や写真、造形などの個展巡りをすることが多い。自宅でも絵を描いたり、工具を使ってモノづくりをしたりと「まるで学生の延長のような生活」を楽しんでいる。自転車で旭川まで走ることもあり、アクティブな一面もある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ
北海道芸術デザイン専門学校(専修学校/北海道)
RECRUIT