• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 北日本自動車大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 自動車工学科

北海道認可/専修学校/国土交通大臣指定/北海道

センモンガッコウ キタニホンジドウシャダイガッコウ

自動車工学科(2020年4月設置予定(認可申請中))

定員数:
10人 (男女)

4年卒業時に一級整備士資格の取得を目指す

学べる学問
  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

目指せる仕事
  • 自動車整備士

    自動車を点検・整備・修理して、安全確保に努める

    自動車整備士は、自動車に関する専門知識をもち、乗用車やバス、トラックなどさまざまな車を点検・整備・修理する技術と資格を有するエンジニアです。車社会である現代では、自動車を安全で快適に使用するために必要不可欠な仕事で、交通事故などを減らす社会的な役割も担う重要な人材となっています。最近ではハイブリッド車や電気自動車など自動車の進化とともに必要とされる知識や技術がより高度になっていることもあり、ニーズが高く、将来性もあって、やりがいのある仕事として注目されています。自動車整備士は国家資格であり、一定の受験資格を満たしたうえで、技能検定試験にパスする必要があります。

  • 自動車車体整備士

    高度な修理技術で車を元通りに

    事故などで損傷を受けた車の修理をする仕事。壊れた部品の交換や、外装の板金・塗装だけでなく、フレームのゆがみをコンピュータで計測し、元の位置まで戻すなど、高度な技術が必要だ。単に見た目だけでなく車の安全性も元通りにする。

  • 二輪自動車整備士

    二輪自動車の整備・修理をする

    マシンと人との一体感が二輪の魅力だから、 ライダーの体型や運転のクセなどに合わせたきめ細かな整備が必要。ステアリングやブレーキなどの調整に加え、チューニングを行う場合もある。また、ドライブチェーン、ブレーキパッド、タイヤなど、消耗しやすいパーツの修理・交換も大事な仕事だ。

  • 自動車セールスエンジニア

    カーライフ全般に詳しい販売員

    パンフレットを読めば分かるような情報だけでなく、技術的な知識を生かして顧客に十分な情報提供をし、販売につなげるのがセールスエンジニアの仕事だ。車の性能や構造だけでなく、保険や車検、整備や修理についても詳しく、カーライフ全般について適切なアドバイスをする。

  • レーシングメカニック

    レーシングチームのハイテクエンジニア

    カーレースは、ドライバーとレベルの高いメカニックチームが一緒になって戦う。レーサーメカニックはコンピュータでマシンを管理し、走っている車の水温、油温、油圧、エンジン回転数、残熱量、スピードなどのデータを基に燃費やペースを分析してドライバーに指示したり、整備したりする。

  • カーチューナー

    自動車・オートバイ・自転車など、乗り物の性能を最大限に引きだす

    エンジンのパワーを上げ、加速をスムーズにするなど、自動車・オートバイ・自転車の性能を最大限に引きだす仕事。シリンダーを削る、吸気排気のタイミングを調整するなどエンジン本体のチューンだけでなく、エアクリーナーやマフラーの交換、車高やサスペンション、ブレーキの調整などトータルバランスを意識しながら仕上げていく。

  • レーシングエンジニア

    レースチームの技術面の責任者

    レースチームの技術面の責任者として、ベストの状態でレースに参戦できるようマシンを管理する。テスト走行の結果や次に参戦するレースコースの特色を踏まえ、マシンのチューニングの総指揮をとる。同時に新たなパーツの開発にも参加し、そのためにメーカーやスポンサーとの折衝も進める。

初年度納入金:2019年度納入金 104万円 
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

前期2年+後期2年の計4年で一級整備士取得が目指せるカリキュラム
前期の2年間は自動車整備科と同じカリキュラムで学び、後期の2年間では運転支援システムなど日々ロボットのように進化を遂げる最新の自動車工学を学び、4年卒業時に一級整備士資格の取得を目指します。

カリキュラム

クォーター制でしっかり学べるシステムを導入
■各クォーターごとに学ぶ内容が明確になり、集中してじっくり学ぶことができます
■前期・後期をさらに2つの期間に分けて、第1タームから第4タームのクォーター制になります
■インターンシップなどに参加しやすくなるので、自分の希望に合わせて課外プログラムにも参加できます

資格

オールラウンドの資格を所有するエキスパートへの道
フォークリフト運転技能講習修了〈国〉、小型移動式クレーン運転技能講習修了〈国〉、玉掛け技能講習修了〈国〉、ガス溶接技能講習修了〈国〉他多数 ※上記4資格は本学が北海道労働局登録機関となっており、学内講習で取得可能です。
多くの資格は就職へのパスポート
アーク溶接業務特別教育、低圧電気取扱業務特別教育、自由研削といし取替特別教育、タイヤ空気充てん作業特別教育の4つは本学が特別教育を行っています。ほかにも、中古自動車査定士、損害保険(基礎+自動車)、パソコン検定試験【P検】、詩吟など幅広い資格の取得が目指せます。

施設・設備

実習棟と直結した本格的テストコース
本格的テストコースの高速周回コースや多目的試験コース、オフロードコースなど実践的なテストコースが実習棟に直結して設置。実習で学んだ成果を実際に走行試験することで、実践的な実力を養成していきます。テレビ番組の制作にも使用され、最新のアイドリングストップ車やハイブリッド・EVを直感的に学ぶことができます。

奨学金

芦別市による多彩な奨学金制度が充実。学生生活をサポートします
芦別市による独自の奨学金制度:芦別市就学奨励金(入学時全員に30万円給付)、芦別市専修学校奨学金(学費分月額6万円※無利子貸与)。学生寮部屋代無料※部屋の制限あり。通学定期代支援※JR・バスなど通学定期代を全額補助。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 一級小型自動車整備士<国> (実技試験免除) 、
  • 二級ガソリン自動車整備士<国> (実技試験免除) 、
  • 二級ジーゼル自動車整備士<国> (実技試験免除) 、
  • 二級二輪自動車整備士<国> (実技試験免除) 、
  • 二級自動車シャシ整備士<国> (実技試験免除)

目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> (丙種、乙種) 、
    • ガス溶接技能講習<国> 、
    • フォークリフト運転技能者<国>

    アーク溶接特別教育修了<国>
    低圧電気取扱特別教育修了<国>
    ソーシャル検定(JAMCA)
    第4級アマチュア無線技士<国>
    国内A級・B級ライセンス(JAF) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    札幌トヨタ自動車 、 トヨタカローラ札幌 、 函館トヨタ自動車 、 旭川トヨタ自動車 、 北海道マツダ 、 ホンダカーズ札幌中央 、 北海道ブブ 、 ケーユーホールディングス 、 旭川スズキ 、 札幌トヨペット ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒079-1371 北海道芦別市上芦別町118-132
TEL:0124-22-3811
kita@a-tec.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道芦別市上芦別町118-132 JR「芦別」駅から空知交通きらきらバス下車 徒歩3分 計13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース