• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • あいちビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 真帆さん(医療秘書科/医療事務・秘書)

患者さまの気持ちを和らげられるよう笑顔で接します

先輩の仕事紹介

患者さまから「ありがとう」と言っていただける、やりがいのある仕事です。

医療事務・秘書
医療秘書科/2017年3月卒
山田 真帆さん

この仕事の魅力・やりがい

総合病院で外来の受付を担当しています。受付は患者さまが最初に訪れる場所です。特に初診の方などは症状で不安に思われている方も多いので、気持ちを和らげてあげられるよう常に笑顔で接することを心がけています。なかには病状や薬などについて聞かれる方も。そんな時は専門のスタッフのところへご案内したり、各科の受付と連絡をとって確認したりと迅速で的確な対応が必要になります。患者さま一人ひとりに親身になってお応えする。それも受付の大切な仕事だと思っています。先日、長く通院されていた患者さまが「ようやく治りました」と挨拶に来てくださいました。患者さまの「ありがとう」の一言が私にとって大きなやりがいになっています。

学校で学んだこと・学生時代

診療報酬の計算や受付など、医療事務の専門知識はもちろんですが、接遇や医学についても学べたことがよかったです。特に接遇では、患者さまに不快感を与えない挨拶や言葉遣いなど多くを教えていただき、仕事にとても役立っていると実感しています。病院での実習でも多くを学びました。驚いたのは受付の方が患者さま一人ひとりの顔と名前を覚えていたこと。そして、一人ひとりに積極的にお声がけをして親身になって対応をされてました。実習でプロの医療事務員としてのあり方に触れられたことで、仕事への意識がより高まったのを覚えています。接遇についてはとても奥深く、就職した今でも日々学ぶことが多いですね。

迅速で的確、そして誠実な受付を心がけています

これからかなえたい夢・目標

患者さまに安心していただける医療事務員になれるよう、言葉遣いなどのマナーに磨きをかけ、専門知識もさらに身につけていきたいです。そして、外来受付のほかにも会計や病棟受付など、様々な仕事をこなせるようになりたいです。その上で、将来は手話を本格的に覚えてみたいと考えています。病院では手話が必要な方もいらっしゃいます。そんな方々のお役に立てたらいいな、と思っています。一人ひとりに合った対応ができるように、必要な知識はどんどん身につけ、「あなたがいたから、この病院にきました」と言ってもらえるようになれたら、最高にうれしいです。より良い医療を提供するために、少しでも力になっていきたいです。

患者さまの質問には各科の受付に確認して答えることも

山田 真帆さん

社会医療法人財団新和会 八千代病院 勤務/医療秘書科/2017年3月卒/高校時代、交通事故にあい病院に通院。その時、受付スタッフの親身な対応に気持ちが癒され、将来は医療事務にかかわりたいと思うように。高校卒業後はあいちビジネス専門学校に入学。日本医師会「医療秘書」の受験資格が得られるところが魅力で、医療秘書科へ進む。卒業後は、社会医療法人財団新和会 八千代病院に念願だった医療事務員として就職。現在、主に外来の受付を担当している。「まだまだ覚えることが多いですが、笑顔と気配りを忘れず患者さまをしっかりサポートできるスタッフになれるよう頑張っていきたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
あいちビジネス専門学校(専修学校/愛知)