• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 専門学校 名古屋ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藍本 あみさん(パフォーミングアーツ学科/声優)

声優になる夢を叶えました!

先輩の仕事紹介

アニメのキャラクターをどう演じたら喜んでもらえるか。ワクワクが止まらない!

声優
パフォーミングアーツ学科声優専攻/2019年卒
藍本 あみさん

この仕事の魅力・やりがい

声優として主にアニメのキャラクターを演じています。演じるために日々ボイストレーニングをしたり、台本を覚えたりしています。そのほかにも歌のレッスンやダンスの振付を覚えて、様々なお仕事にもチャレンジしています。声優の仕事の魅力は、まだ世の中で私しか知らないものを作り上げて披露できること。そして、とてもワクワクできること。私だけが知っている歌詞・振付・セリフなどたくさんのものがあります。これをどう演じたら、見てくださっている方々に喜んでいただけるのかを考えることが楽しいです。なので、期日に追われることは多いのですが、ワクワクの毎日を過ごせることにとても幸せを感じています。

分野選びの視点・アドバイス

声優になりたいと思ったのは中学生の頃。アニメが好きいう気持ちと、声が高いことが自分の武器だと思っていたので、その両方を活かせる仕事は声優なんじゃないかと思うようになり、「声優になろう!」と決めました。名古屋ビジュアルアーツは21回体験入学に参加。体験入学のスタッフをやっていた先輩の太陽みたいな人柄に憧れを抱き、入学を決意しました。さらに、生き方がカッコイイと思える先生に出会えたこと、普段絶対に触ることができないプロの機材がたくさん揃っていることも理由のひとつ。声優を志すみなさん、きっかけはそれぞれです。一歩踏み出すことが大切。ぜひ一度、体験入学に参加してみてください!

母校で後輩たちに話す機会も!

学校で学んだこと・学生時代

名古屋ビジュアルアーツの2年間でたくさんの本番を経験しました。前期末講演、体験入学でのMC、講師の方が主催するイベントなど、出演できるものは全部出ていました。どれも本番の成功のために練習をするのですが、本番の練習って本番でしかできなくて。たくさんの本番で失敗を繰り返すという経験を通して、「失敗することで次の改善策を見つけどんどん成長できる!」ということを学ばせていただきました。また、名古屋ビジュアルアーツにはエンタメ系の様々な学科があり、学科を超えての作品制作があります。そこで今までかかわることがなかった方々と出会い交友関係を広げることができ、自分を高めてくれるたくさんの恩師とも出会えました。

専門学校在学中に仕事を経験するチャンスもあります!

藍本 あみさん

プロダクション・エース 所属/パフォーミングアーツ学科声優専攻/2019年卒/「小学校6年生の時に友人が歌手を目指していました。当時、友人の夢が私の夢だと思っていたので私も歌手になりたいと考えていたのですが、中学生の時にアニメが好きになり、声優を志すようになりました。」と藍本さん。高校卒業後、名古屋ビジュアルアーツのパフォーミングアーツ学科声優専攻に入学。「専門学校時代は毎日遅くまでスタジオで練習をしていました。校内にはプロ仕様の設備が充実していて、21時まで利用できたので時間を忘れて練習に没頭し『早く帰りなさーい』とよく怒られていました(笑)。」現在、プロダクション・エースに所属し声優として勢力的に活動中!

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 名古屋ビジュアルアーツ(専修学校/愛知)