• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 専門学校 名古屋ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鈴木 康平さん(映像学科/映像ディレクター/代表取締役社長)

先輩の仕事紹介

自分の仕事の結果がリアルな反応として返ってくる。それがスリリングで最高の達成感!

映像ディレクター/代表取締役社長
映像学科/2016年卒
鈴木 康平さん

この仕事の魅力・やりがい

やはり会社を動かすというところで、個人では叶えられなかった夢や世の中の流れを動かすようなことができるのが魅力です。うちがプロモーションした途端に売り上げが4.5倍になったりすると「やってたことが間違ってなかったんだな」と。逆にうちのプロモーションで伸びなかったら「間違っていたんだ」と。リアルな反応をマスから得ることができるので、良い意味でも悪い意味でもスリリングであり達成感が凄いです。あとは自分がやりたいこと、会社としてやりたいことを選択して仕事にできるので、面白い仕事がどんどん増えていきます。毎日が文化祭前日のような会社です(笑)。

この分野・仕事を選んだきっかけ

きっかけとなるポイントは2つあって、1つは父親が映像のカメラマンであること。もう1つは映像を撮ることで人を喜ばせられること。それも誰かの商品を売って喜んでもらうことと、自分自身が作った映像を見て喜んでもらうことでは喜びが違います。私は人の喜んだり驚いたりするリアクションを見るのが好きなのでそれがやみつきになりました(笑)。

仕事作品:レぺゼン地球MV43th『レぺゼン』

学校で学んだこと・学生時代

授業では社会的なマナーやルール、立ち回り方などを学ぶ環境もありました。映像業界と近い位置にいながら学べるので、自分の中でも空気を読みながら行動することができました。 NVAは自ら成長できる学校です。また、機材やスタジオなどの環境も揃っており基礎となる土台作りをしてくれるので、業界に出た時には一歩先に進んだ上でのスタートを切ることができました。

仕事作品:KIRIN『午後の紅茶』CM

鈴木 康平さん

株式会社adgraph 代表取締役社長/映像学科/2016年卒/名古屋ビジュアルアーツを2016年に卒業。現在、株式会社adgraphの代表取締役社長。これまでの仕事:KIRIN『午後の紅茶』のCM、ヒルトン東京のプロモーション、レぺゼン地球MV43th『レぺゼン』、レぺゼン地球57th『TRIGGER』の監督、カメラマンも担当。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 名古屋ビジュアルアーツ(専修学校/愛知)