• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋ファッション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大友 洸介さん(ファッション流通科/ファッションスタイリスト)

先輩の仕事紹介

ドラマの役どころにピッタリのスタイリングができたとき、やりがいを感じます。

ファッションスタイリスト
ファッション流通科スタイリストプラン 卒/2012年卒
大友 洸介さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在はテレビ局でテレビドラマの衣裳のスタイリングをしています。この仕事は、まず監督やプロデューサー、メイクさんなどとの打ち合わせから始まります。「この登場人物はこんなキャラクターにしよう」「ファッションはこんな感じにしよう」と、イメージをすり合わせるのです。そして、それを基に衣裳を集めていきます。実際に役者さんに着てもらい、イメージ通りにピタッと決まったとき、とてもやりがいを感じます。今後はドラマや映画だけでなく、広告や雑誌、パーソナルスタイリストなど、あらゆる方面で広く活躍することが夢です。その夢をかなえるためには毎日が勉強。街ですれ違う人のファッションも常にチェックしています。

学校で学んだこと・学生時代

名古屋ファッション専門学校を選んだのは、オープンキャンパスで当時の校長先生と話をさせていただいたことがきっかけです。とても親身に話を聞いてくださり、スタイリストになりたいという自分の夢が近付いてきている感じがして、とにかくワクワクしました。入学後は、実習などで裁縫技術やアイロンがけなどの基本から学びました。ジャケットの制作でミシンの扱いにてこずっていたときには、先生が最後まで粘り強く教えてくださいました。途中、うまくいかなくてイライラしたこともありましたが、完成できたときは本当に嬉しかったです。これらの技術は今もとても役に立っています。

学校で身につけた技術が役に立っています。

分野選びの視点・アドバイス

中途半端な気持ちでは務まらない仕事なので、とにかくファッションが大好きであることが大前提です。そして、あらゆる分野のファッションを勉強しましょう。一つのジャンルに特化して詳しくなることもすごく魅力的ですが、仕事はそのジャンルだけとは限りません。幅広い知識や技術を身につけることが仕事を続けるためには必要だと思います。そのために私は、学生時代、たくさんのアルバイトをしました。そのなかで自分の適性を知り、スタイリストになりたい気持ちを確かめることもできました。また、ファッションやカルチャーはあらゆる場所にありますから、常にアンテナを張って過ごすことで楽しみながら勉強することができます。

丁寧に作業を進めていきます。

大友 洸介さん

東京衣裳株式会社勤務/ファッション流通科スタイリストプラン 卒/2012年卒/愛知県出身。中学生になったころ、「かっこよくなって女の子にもてたい」という動機でファッション雑誌を購読。ところがファッションそのものの楽しさにはまってしまい、中学3年生でスタイリストになることを決意する。東京衣裳株式会社は、テレビ、映画、舞台、演劇、イベントなどあらゆるメディアの衣裳に携わっている企業で、大友さんが好きだった映画の衣裳を担当していたことが志望動機。スタッフや役者さんとのコミュニケーションを大切にしながら業務にあたっているという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋ファッション専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT