• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋医療秘書福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐々木 まりさん(医療秘書科/医療事務・秘書)

お客様の不安をやわらげられるよう、常に笑顔!

先輩の仕事紹介

患者様と最初に接するのが受付。だからこそ、笑顔で安心を届けたい!

医療事務・秘書
医療秘書科 医師事務コース/2015年3月卒
佐々木 まりさん

この仕事の魅力・やりがい

患者様は心身を患っているので、不安を抱えて病院に来ています。それを和らげられる最初の場所が受付。だからこそ、常に笑顔でいることを心がけています。患者様に優しい表情でお声がけをしたり、ていねいに応対すると「安心して通えるよ」「笑顔に優しさがでているね」と言っていただけることも。お役に立てた嬉しさを感じる瞬間です。業務については、保険診療だけでなく、介護、労災、自賠責などさまざまな分野について深く幅広い知識が必要になります。まだ分からないことも多いので、日々知識と経験を身につけ、今の病院のすべてを知り尽くすのが目標です。誰からも頼られる医療事務のエキスパートになりたいです。

学校で学んだこと・学生時代

オープンキャンパスに参加した際、先輩も先生方もとても明るく対応してくださり、とても居心地のいい学校だなという印象を持ちました。入学当初、私は周りの皆よりもちょっと年上だったのでとけ込めるか少し不安でしたが、あっと言う間にクラスメイトたちとも仲良くなれ、さらに生徒のやる気をアップさせてくれるような優しくて明るい先生方に出会うことができました。また、オープンキャンパススタッフを経験したことや、行事でリーダーをつとめた経験などを通して、周りを見ること、人を引っ張る大変さや周りに気を使うことの大切さをしっかり身につけられたことも、今の仕事にとても役に立っています。

わからないことはすぐに先輩に質問できる環境です

分野選びの視点・アドバイス

礼儀作法に関する指導が徹底している名古屋医療秘書。普段はフレンドリーに接してくださる先生も、職員室への入室の際や授業の始まりと終わりの挨拶がしっかりできないとやり直しをさせられることも。最初は戸惑うかもしれませんが、社会に出てから、すべて当たり前にできていることに感謝するはずです。マナーを身につけていることは、それだけで社会人としてのスキルの高さに結びつきますから。また、医療事務は難しそうだというイメージもあると思いますが、現場経験のある先生方も多く、とても分かり易い授業をしてくれます。医療機関のしくみを知ることは、例え医療の仕事に携わらなくても役立つので、がんばって勉強してくださいね。

車椅子の患者様には、同じ目線で対応します

佐々木 まりさん

医療法人成信会 さくら病院 勤務/医療秘書科 医師事務コース/2015年3月卒/高校卒業後は短大で心理学を専攻するも、進路がなかなか決められず悩んでいたそう。過去に医療事務経験のある母から「誰かから“ありがとう”と言ってもらえる仕事はなかなかないよ」とアドバイスされ、医療関連の仕事を志すようになった。経済的な負担を考え、学費が比較的安かったことも決め手となり名古屋医療秘書福祉専門学校に入学。医療務の資格に加え、ビジネスマナーや医事コンピュータなど、さまざまな資格を取得。「学校で学んだ知識や取得した資格は今の仕事で大いに役立っています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋医療秘書福祉専門学校(専修学校/愛知)