• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋工学院専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報セキュリティ学科

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤコウガクインセンモンガッコウ

情報セキュリティ学科

定員数:
20人

情報セキュリティとコンピューター運用管理のプロになる!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

初年度納入金:2019年度納入金 122万9000円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

セキュリティの基礎から応用までしっかりと学べます
社会問題となっているセキュリティリスクへの対応やクラウドコンピューティングで必要となるコンピューターを管理・運用する人材を養成。セキュリティの基礎知識からサイバー攻撃の防御技術、コンピューター運用管理ではLinuxやWindows Serverなどのサーバ技術を学び、情報セキュリティ関連の国家資格取得を目指します。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    情報セキュリティ分野の将来性に惹かれて、学び始めました。

    最初は就職希望でしたが、中学時代のパソコン部のことを思い出し情報系を学ぼうと思いました。体験入学などで情報セキリュティ分野への熱い想いや初心者でも大丈夫という先生の心強い言葉を聞いてここに決めました。

    名古屋工学院専門学校の学生

卒業後

セキュリティに強いITエンジニアを目指します
セキュリティエンジニア、ネットワークエンジニア、システムエンジニア、プログラマなどが目指せます。2018年3月卒業予定者内定実績/中電シーティーアイ、名鉄情報システム、日本特殊陶業、NTPシステム、富士ソフト、東海理化アドバンスト、ジャパンシステム 他。※2017年12月現在/コンピューター・IT分野

資格

国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」も目指せます
国家試験では「情報セキュリティマネジメント試験」から「基本情報技術者試験」、「ITパスポート試験」さらに、超難関である「情報処理安全確保支援士試験」までの合格を目指すカリキュラムとなっています。
ベンダー企業と提携。セキュリティからデータベースまで幅広く対応!
ベンダー資格ではLinuxエンジニアの証明となる「LPICレベル1」、マイクロソフト社の「MTA(セキュリティ)」、「MCP」、「MOS」、ORACLEデータベース技術の証明「ORACLE MASTER Bronze」などを目指します。

施設・設備

一人1台、ノートパソコンを無償貸与
コンピューター・IT分野の学科では、一人1台、ノートパソコンを無償で貸与しています。ソフトウェアについてもマイクロソフト教育機関向け総合契約制度で、OSをはじめ常に最新バージョンのソフトウェアが無償で手に入ります。
充実したネットワーク環境で、いつでもどこでもアクセス
本校では、全ての普通教室からネットワーク接続ができるよう、キャンパスネットワークを整備。どの授業もほとんどノートパソコンを利用しているので、習ったことをすぐに試すことができ、実力もアップ。また、e-learningで自分の進度にあった自主学習をしたり、試験対策用の模擬試験なども受けられます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 基本情報技術者試験<国> (修了試験合格で午前試験免除)

目標とする資格

    • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト認定プログラム【MCP】 、
    • オラクルマスター 、
    • Linux技術者認定試験【LPIC】 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 情報セキュリティマネジメント試験<国>

    MTA(セキュリティ)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)中電シーティーアイ 、 (株)名鉄情報システム 、 日本特殊陶業(株) 、 NTPシステム(株) 、 富士ソフト(株) 、 (株)東海理化アドバンスト 、 ジャパンシステム(株) 、 (株)インテックソリューションパワー 、 (株)セキュアヴェイル 、 (株)ISTソフトウェア ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

2018年3月卒業予定者/2017年12月現在/コンピューター・IT分野

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒456-0031 名古屋市熱田区神宮4-7-21
入学相談窓口 フリーアクセス 0120-153-750
nkc.info@denpa.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市熱田区神宮4-7-21 地下鉄「伝馬町」駅から徒歩 1分
名鉄「神宮前」駅から南へ徒歩 7分
JR「熱田」駅からスクールバス 5分
JR「熱田」駅から南へ徒歩 12分

地図

 

路線案内


名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)