• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石川 奨之さん(ゲームCG学科/ゲームプランナー)

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤコウガクインセンモンガッコウ

ゲームの「楽しい」を設計するのが仕事です

先輩の仕事紹介

試行錯誤しながら、本気で「楽しい!」を作る。それがやりがいであり、魅力です。

ゲームプランナー
ゲームCG学科/2017年3月卒
石川 奨之さん

この仕事の魅力・やりがい

私の仕事は「楽しい」をデザインすること。「こういう目的でこんな思いをさせるゲームを作りたい」というコンセプトを具体化するための設計図を作っていきます。たとえば「ここで泣かせる、熱い思いをさせる」ためにはどうしたらいいのかなど、ユーザーに感じて欲しい結果を得るためにアイデアを出し、徹底的に考え抜き、設計していきます。ターゲットや開発状況により、その方法は何通りもあり答えも変わります。すべてはユーザーが「楽しい!面白い!」と思うゲームを作るため。現在私がかかわっているプロジェクトは開発に3年を要し、試行錯誤しながら、本気で「楽しい」を作り上げていく部分に私はやりがいを感じ、魅力だと思っています。

分野選びの視点・アドバイス

ゲームプランナーの仕事内容は、開発会社ごとで異なる部分もあると思いますが、弊社では単に企画するだけが仕事ではありません。CGデザイナーやプログラマーなど各工程のクリエイターから、外部会社ともかかわりながら、開発に携わるすべてのパイプ役として、ゲームが完成するまでの全工程にかかわっていきます。それ故に、ゲームプランナーにはデザインやプログラミングの知識はもちろん、スケジュールやコスト管理、交渉力やプレゼンテーション力など様々な知識や能力が求められます。また、コミュニケーション力も必要ですね。私自身、人と話すことや、人前で自分の考えを発表することも好きなので、この仕事は自分に合っていると思いました。

ゲーム開発には論理的に物事を考える力も必要

この分野・仕事を選んだきっかけ

ゲーム開発に興味を持ち始めたのは好きなゲームの開発記事がきっかけでした。何気なく触っていたものにも一つ一つ思惑や理由があり、すべてユーザーに楽しんでもらうため、快適に遊んでもらうために開発者が考え抜いたものだということに気づかされ、ゲームの奥深さを痛感。自分も開発に携わりたいと思いました。名古屋工学院専門学校ではゲームの専門知識を一から学び、ゲーム会社の経営者やクリエイターの方々の授業も受けることができとても勉強になりました。電気科高校出身の私ですが、現在ゲーム開発の仕事ができて学校や先生方には感謝しています。ゲームをプレイするのが好き、ゲーム作りに興味があるなら諦めずにチャレンジしましょう!

専門学校では業界との接点が多く刺激もたくさん!

石川 奨之さん

株式会社PREAPP PARTNERS 勤務/ゲームCG学科/2017年3月卒/元々ゲームをプレイするのが好きだったという石川さんは、好きなゲームの開発インタビュー記事をきっかけにプレイする側から作る側に興味を持ち始めたと言う。高校卒業後、名古屋工学院専門学校・ゲームCG学科に入学。2年間学んだ後、同校のゲーム研究科に進む。同科卒業後、株式会社PREAPP PARTNERSに就職。「ゲームプランナーとして仕事をはじめてまだ1年。今は与えられた仕事をしっかりこなすべく、日々、頑張っています。いつかは自分の作りたいゲームを開発できたらいいですね。そして、ゲーム開発の面白さを伝えることにも携わることができたらいいなとも思っています。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)