• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 笠原 健太郎さん(電子情報学科/国家公務員)

一人前の警察庁技官を目指し業務に励んでいます

先輩の仕事紹介

情報通信技術で警察官の活動を支え、人々の安全な生活を守っています。

国家公務員
電子情報学科/2015年卒
笠原 健太郎さん

この仕事の魅力・やりがい

私は警察庁技官として働いています。警察庁技官の仕事は、警察官の活動を情報通信分野から支えることです。たとえば、110番通報を受付処理する通信システムやパトカーなどに搭載される移動通信システムなど、警察独自の情報通信環境を技術的に支えています。私の所属している機動通信課では、連絡手段である電話や無線の保守などを行っています。警察官は治安維持や警備をし、私たちはその警察官の活動が円滑に行えるよう警察情報通信システムを整備することで、人々の安全な生活を守っているということにやりがいを感じています。この仕事に就いて2年目なので、知識や技術はまだまだ不足しています。もっと技術を磨いて役に立ちたいと思います。

これからかなえたい夢・目標

警察庁技官は、携帯電話やインターネットの普及により、様々な知識や技術を必要としています。災害や事故などの発生時における災害現場との映像や通信の確保、急増するサイバー犯罪などに対するコンピュータや携帯電話の解析を行うなど、部署により技術支援業務は多岐にわたります。些細なミスも警察活動に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があるため、どの作業も的確・迅速に行わなければなりません。そのためにも、普段から職務遂行に必要な知識を学び続け、様々な訓練をしています。私はまだまだ覚えることが多くあるため、それらを早く身につけ、多くの仕事をこなせる一人前の警察情報通信職員として貢献したいと考えています。

どの作業もミスがないよう的確・迅速に対応!

学校で学んだこと・学生時代

名古屋工学院専門学校では通信やネットワークについて学びました。元々、電子回路に興味があり、この分野を学びたいと思い入学したので、電子情報学科で2年間勉強した後、電子情報研究科(1年制)に進み、3年間しっかり学ぶことができました。資格は第一級陸上無線技術士と工事担任者AI・DD総合種を取得!いずれも難関といわれる国家資格ですが、資格試験のための授業や補習などサポート体制は万全で、分からないところは先生が丁寧に教えてくださったおかげで合格することができました。私のように技術系公務員になるには第一級陸上無線技術士が必要となりますので、興味ある方は名古屋工学院専門学校でチャレンジすると良いと思います。

学んだことを活かし人々のために役立ちたい

笠原 健太郎さん

中部管区警察局石川県情報通信部 勤務/電子情報学科/2015年卒/高校卒業後、名古屋工学院専門学校の電子情報学科に進学。「体験入学に参加し、ここなら電子分野についてしっかり勉強できると思いました。また、技術系公務員である警察庁技官のことや必要な国家資格が取得できることを知りました」。同学科で2年間、上級の電子情報研究科で1年間学び2016年3月卒業。在学中に取得した第一級陸上無線技術士の資格により、国家公務員として採用され、現在の職務に就く。「名古屋工学院専門学校は資格取得率や就職率がとても高く、卒業生が残してくれた膨大な就職活動のデータが強い味方。情報通信業界に就職したいなら名古屋工学院専門学校です」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)