• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松岡 黎さん(ゲーム総合学科 ゲームプログラミングコース/ゲームプログラマー)

常に新しいもの、難しいものに挑戦していきます

先輩の仕事紹介

誰かの原動力となるゲームを作りたい!開発者として挑戦し続けます!

ゲームプログラマー
ゲーム総合学科ゲームプログラミングコース/2017年卒
松岡 黎さん

この仕事の魅力・やりがい

ゲームプログラマーとして1年目。まだまだゲーム開発のほんの一部分しか任されていませんが、大勢の人が関わっている作品の一員としてゲーム開発を行えることが純粋に嬉しくて、楽しいです。個人でゲームを作るというのは、好きなものを自由に開発できる反面、限界もあると私自身作っていてそう感じています。だから、組織の中で協力し、より良いものを作り上げていくことが今、面白くて、やりがいにつながっています。ゲームは子どもの頃の自分にとって生きる原動力でした。自分が関わったゲームが同じように誰かの原動力になってくれたらとても嬉しいです。そのためにも、もっともっと技術を磨いていきたい。これからも精進を重ねます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃からゲームが大好きでした。でも、当時の我が家にはまだゲームがなかったので、友人の家でずっと遊ばせてもらっていましたが、クラスでゲームの話題になかなかついていけず。それなら「ゲームがないなら作ってしまえ!」の精神でゲームを作り始めたのが小学生の時でした。父の仕事の都合上、家にはパソコンがあったので、簡単なプログラムを組んでゲームを作り始めました。もちろん、独学です。その時からゲーム作りの楽しさを知り、将来はゲーム開発に携わりたいと思うようになりました。高校卒業後、名古屋工学院専門学校のゲーム総合学科ゲームプログラミングコースに進学。最高に楽しいゲーム開発への道が始まりました!

みんなで作り上げた時の達成感もゲーム開発の魅力

学校で学んだこと・学生時代

名古屋工学院専門学校ではゲーム開発のための基本的な能力から、専門的な能力、チームでの開発の難しさなどを学びました。私は比較的早い時期からゲームを作り始めていたため周囲には仲間が少なく、個人的に作ることが多かったです。ここに来てゲームが好きだという多くの人に出会い、ゲームに興味があるといってもいろいろな好みや価値観があることを知りました。また、チームで作ることも初めての経験。他の人と協力しながら、ある時は意見の食い違いから衝突することもあり、そうして一つのものを作り上げていく過程はとても勉強になりました。そんな貴重な学びを与えてくれたのは、話すことが苦手な私を引き上げてくれた先生のおかげです。

ゲーム開発をしたいなら目標を明確にしておこう!

松岡 黎さん

FELISTELLA株式会社 勤務/ゲーム総合学科ゲームプログラミングコース/2017年卒/幼い頃からゲームが好きで、小学生時代から独学でゲームを作り始める。高校卒業後、名古屋工学院専門学校に入学し、4年間ゲーム開発を学ぶ。「4年生の時、ゲーム制作会社でのインターン研修がありました。その研修先が今の職場です。私がこの道に進みたいと思ったきっかけの作品を、弊社の前身の会社が作っていました。ここに就職したいという私の気持ちを察してくれた先生方が、とても親身に積極的にアプローチしてくれたおかげで憧れの会社に就職することができました。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)