• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 万徳 大介さん(ゲーム総合学科 ゲームCGコース/コンポジター)

「作品制作が好き」という気持ちが大切です

先輩の仕事紹介

細部までこだわり抜いて一つの演出を完成させた時の達成感がたまらない!

コンポジター
ゲーム総合学科ゲームCGコース/2020年卒
万徳 大介さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

弊社は3DCGの映像制作を中心に、ゲームやアニメ、アミューズメント等の分野で幅広く活動している映像制作会社です。私は遊技機のエフェクト作成やムービー制作を担当。どちらも自分のやりたい分野なので携われることが嬉しく、毎日が充実しています。常に「If、If…」と問いかけながら、細部までこだわりを持って演出作成にあたるのが私のやり方。たくさんの素材を収集し、アイデアを出し、上司からダメ出しされたり、時には意見をぶつけ認めて頂いたり、そうしながら一つの演出を完成させた時「やった!」と達成感にあふれます。今の課題は作業のスピードアップです。ソフトの知識や経験をもっと積む事でスキルアップを目指します。

分野選びの視点・アドバイス

作品制作をする際に、物事の事象の資料を集め、分析する作業がとても大切です。例えばゲームの中で火花を演出するとします。火の大きさは?動きは?色は?等々、頭の中で想像するだけではリアルに作り上げることはできませんから、多くの資料を見て表現したい火花を画にしていきます。動画制作においてもあらゆる動画を参考にするのですが、上司からは「目を肥やすこと、自分のカッコイイという基準やクオリティを上げていくことが大切」とアドバイスを頂きました。自己満足や自己完結では仕事にならない。プロとしてのクオリティの高さとスピードが求められます。また、より良い作品にするため、積極的に他者からの批評を頂き参考にしています。

大変な時もありますが、好きなことだから頑張れます

この分野・仕事を選んだきっかけ

ゲームやアニメ、マンガが好きで趣味として楽しんでいました。将来の職業としてこの分野を真剣に考え始めたのは高校生の時。進学校だったので最初は大学受験をするつもりでしたが、「自分のやりたいことにチャレンジしたい。好きな分野を仕事にしたい。」という気持ちが強くなり、大きく方向転換。ゲームCGを学ぶために名古屋工学院専門学校に入学し、ここで未来を決定する出会いが!授業で「After Effects」という映像編集制作ソフトに触れ、モーション・グラフィックスや映像加工の魅力にハマりました。現在、希望の業務に携わることができて幸せです。当時心配していた高校の先生にも自信を持って言えます。夢を叶えました!

本校出身の同期は心強く、良きライバルでもあります

万徳 大介さん

exsa株式会社 勤務/ゲーム総合学科ゲームCGコース/2020年卒/高校卒業後、名古屋工学院専門学校ゲームCG学科(2年課程)に入学。映像編集制作ソフトAfter Effectsに触れ「もっと深く学びたい」という思いから同学科修了後、ゲーム総合学科ゲームCGコース(4年課程)の3年次に編入。「本校では様々な制作ソフトを基礎から学べたことが良かったです。3年生の時に先生や同期の紹介で現在の勤務先であるexsa株式会社でアルバイトを始め、卒業後、そのまま就職することができました。入社後、1分間ほどのムービー制作を任された時は嬉しかったです。でも納期に間に合わせるのが精いっぱいで…。早く一人前になって貢献していきたいです。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT