• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 保育・介護・ビジネス名古屋専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 植松愛先生(幼児教育方法論)

愛知県認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/愛知

ホイク・カイゴ・ビジネスナゴヤセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

現場経験を活かした実習指導、実技を教えてくれる先生

幼児教育方法論
保育幼児教育学科 
植松愛先生
先生の取組み内容

幼児の自我形成、特に2歳児における発達に着目し、その育ちを支える保育者の関わりをテーマに研究しています。保育は単に子どもの世話をするのではなく、子どもたちが健全に育ち心身の発達が助長されるよう、教育・指導していくことです。子どもが生涯豊かに生活できるようになるための幼児期に必要な経験は何か、発達に即した生活が保障されるということはどういうことなのか…という視点が重要だと考え、私が保育現場で見てきた事例を出して、学生たちが想像しやすくなるよう心がけています。何が楽しいのかを遊びの中で教えることもそのひとつで、授業ではパネルシアターや手作りおもちゃを実際に作っています。既成品を購入できる時代ですが、作ることで教材の良さや特長をじっくり考える機会になるので、学生と一緒に手作りするようにしています。

おもちゃ作りなどは、自分が学生時代に制作した物や保育現場で喜ばれたものを学生に教えています

授業・ゼミの雰囲気

実習後の振り返りを重視した授業。グループワークから保育の意図を読み取る力を身に付ける

保育実習指導の授業では、主に日誌の書き方や指導案の立案を指導したり、実習後の振り返りなどを行っています。間近で見てきた保育者の援助を取り上げ、その意図や意味などを考えたりするグループワークを行い、発表や討論することも。また、保育士時代に、実習生が現場で困っていたことを学生たちに伝え、事前につまずきを解消しているそう。「実習中に保護者と関わる機会はなかなか持てませんが、実習事後指導では保護者向けのお便りを実際に書いてみたり、保護者に何を伝えるべきかを考えたりすることも行っています」。

ピアノの弾き歌いは必要なスキル。教室にいる学生たちも自然と一緒に口ずさみます

キミへのメッセージ

子どもと共に喜び、時には泣いて笑うことができる最高の仕事です!

本校では、経験豊かな先生方が現場で培った様々な保育技術も教えてくれます。また、実習に対するフォローアップも充実しています。やりがいと楽しさ、両方を持ち合わせる保育者を目指して一緒に勉強しましょう!

「現場では立ち止まり考える時間はなかなか取れないため自分の保育を振り返る習慣を身につけてほしいです」

植松愛先生

専門科目:保育内容総論、実習指導、幼児教育方法論、乳児保育。短大を卒業後、幼稚園で4年間勤務した際に自閉症の子どもと接し、その関わり方について学びたいと思い名古屋短期大学保育専攻科へ入学。さらに、大学院で学び2014年桜花学園大学大学院人間文化研究科人間科学専攻修了。学生時代に保育現場出身の先生に教えてもらい勉強になったという経験から、2016年より同校講師になる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校(専修学校/愛知)