• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 千葉
  • 明生情報ビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三浦 亨斗さん(コンピュータエキスパート科/システムエンジニア(SE))

学生時代に目指していたこの業界。毎日成長の日々でとても充実しています!

先輩の仕事紹介

作成したアプリケーションで、お客様の業務がより効率化されることが何よりも嬉しい!

システムエンジニア(SE)
コンピュータエキスパート科/2016年卒
三浦 亨斗さん

この仕事の魅力・やりがい

WebアプリケーションやiOSアプリケーションの開発を行っています。この仕事の魅力は、自分が作成したアプリケーションによって、ユーザー(お客様)の業務をこれまで以上にスムーズにできること。なかなか思い通りにはいかない難しい案件もありますが、作成したアプリケーションをお客様にお見せした際、「イメージ通りの動きで実装されていますね!」といったフィードバックをいただけると本当に嬉しくなります。一方で、ITの技術の進化はとても早く、新しい技術や既存技術をつねに意識し、学び続けていかなければ、お客様のニーズに応えることができません。私自身も幅広い学びの機会を持ち、情報収集に努めています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の頃からシステム系の仕事に興味を持っていました。個人的にパソコンを使う機会が増え、デジタルの世界を知るにつれて、ITには業種の枠を超えた多様なビジネスが存在していることを認識するように。将来的にもますます必要とされる分野なので、専門知識と技術を身につければ、長く働けるのではないかと思いましたし、何よりIT業界で働く将来の自分の姿がイメージできたことが、業界選びの決め手となりました。明生情報ビジネス専門学校を選んだのは、情報処理技術者試験対策に力を入れており、在校生の合格率も他校と比べて高かったからです。また、IT技術だけでなく、幅広い学びが可能なカリキュラムも魅力的でした。

チームメンバーにアドバイスを受けながら、プログラミングを行います

学校で学んだこと・学生時代

専門学校時代は、情報処理技術者試験の勉強に力を入れただけでなく、簿記の授業にも参加しました。システムと簿記は、一見関連がないように思われますが、システム開発を行うにあたっては、経理や事務、製造など、システム化の対象となる業務知識が必要不可欠なんです。学生時代に簿記3級を取得したことは、現在の仕事にとても役に立っています。また先生方のご指導も非常に熱心で、資格試験の数週間前からは、特別対策授業を毎日開催してくださったことも印象に残っています。こうした手厚いサポートが受けられることは、明生情報ビジネス専門学校ならではのメリット。おかげで就職してからも、早い時期から即戦力として仕事を任されています。

勉強会を行い、チームメンバー同士でスキルアップを図っています

三浦 亨斗さん

株式会社日本総研情報サービス 勤務/コンピュータエキスパート科/2016年卒/本校卒業後、株式会社日本総研情報サービスに入社。現在は親会社である日本総合研究所に出向し、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進として、各アプリケーションの開発に携わっている。「社会に出てからもIT関連の勉強は欠かせないので、私も勉強会やセミナーなどに積極的に参加しています。けれども、ゆっくりと腰を据えて学べるのは、学生時代ならではの特権。それを意識しつつ、専門外の授業を選択したり、本を読むなど、IT以外の知識の幅も広げておくと、将来必ず役に立ちます」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
明生情報ビジネス専門学校(専修学校/千葉)