• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 目白ファッション&アートカレッジ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 炭本 大空さん(ファッションクリエイト科/ファッションデザイナー 企画アシスタント)

東京都認可/専修学校/東京

メジロファッションアンドアートカレッジ

機能性に優れた服をデザインしています

先輩の仕事紹介

「自分が着たい服」を基準に、妥協しないものづくりを心がけています!

ファッションデザイナー 企画アシスタント
ファッションクリエイト科卒/2017年卒
炭本 大空さん

この仕事の魅力・やりがい

デザインスタジオで、ブランドの意図に沿った服の生地を探したりデザインを提案したりしています。デザインだけでなく、サンプルや生産用の仕様書の作成や生産管理も担当するため業務内容は多岐にわたります。寸法表を確認したりとときには地味な作業ばかりする日もありますが、ここでミスがあるとそのまま生産されてしまうため、間違いのないよう丁寧に仕事をすることを心がけています。いまのクライアントは中国とアメリカで、やり取りはすべて英語。はじめは英文のメールを読むのに時間がかかりましたが、だいぶ慣れました。私が担当した商品が売れていると聞いたり、先方から「また発注するよ」とほめてもらえるのがやりがいですね。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代に先生方に自由に服作りをさせてもらえたことは、いま考えるととても貴重な経験でした。「自分のブランドをつくる」という2年次の課題では、ポケットを自由自在につけかえられるという機能性とデザイン性を両立した作品を発表し、校長賞を受賞。自分のアイデアが認められたという自信につながりました。また、このファッションショーを通じて、自分がどんな服づくりをしたいのかをじっくり考えることができましたし、ここでものづくりに対するぶれない価値観を確立できたことは、仕事をするうえでの軸にもなっています。仕事を始めると自由にはできないこともあるので、学生時代の経験はかけがえのない思い出です。

最適な服作りのため、何度も打ち合わせを重ねます

これからかなえたい夢・目標

目白ファッション&アートカレッジでは、いつも先生から「自分が着たい服をつくることが大事」だと言われていました。レディースの服をデザインする際にも、どんなシーンで誰に着てほしいかを考えてつくることで、初めて人に喜ばれる服づくりができる、と教わりました。日々業務に追われているとついこの視点を忘れそうになることもありますが、常に「本当にこれを着たいか?」と自問自答するようにしています。そして、少しでも疑問を感じたらそのままにせず、素材やデザインを見直して、妥協しないものづくりを心がけています。自分の感覚を信じつつ周りの人から多くを学び、「あの人に任せたい」と思ってもらえるようになりたいですね。

2年次に校長賞を受賞した作品

炭本 大空さん

有限会社デザインスタジオ グレン勤務/ファッションクリエイト科卒/2017年卒/東海大学付属仰星高等学校出身/海外での生活を経験したかったことから、高校卒業後はハワイへ留学。帰国後、好きだった服づくりを学ぶため目白ファッション&アートカレッジへ。学生時代に自分のしたい服作りを追究した経験は、デザイナーとしての軸を確立するために重要な時間だったと語る。現在は、デザインスタジオで、服のデザインから生産管理、仕様書の作成など幅広い業務に従事。特に、スポーツやアウトドアの視点を取り入れた商品の開発・生産に携わり、クライアントから高評価を得ている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
先輩の仕事について学ぶ
目白ファッション&アートカレッジ(専修学校/東京)