• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都伝統工芸大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松井 風乃さん(伝統工芸学科 工芸コース/陶芸家)

京都府認可/専修学校/京都

キョウトデントウコウゲイダイガッコウ

「陶芸が好き」を仕事に

右へ
左へ

伝統工芸の世界で輝き、受け継いだ技を未来につなげる卒業生たち

伝統工芸の匠として、新しい工芸を創造する作家として、京都伝統工芸大学校(TASK)の卒業生は日本各地、世界各国で輝いています。陶芸家として第一歩を踏み出した松井さんに、お話をお聞きしました。

陶芸家
陶芸専攻
(2016年卒業)
松井 風乃さん
  • 虚空蔵窯 勤務
  • 静岡県 浜松大平台高校 卒
絵付けを仕事にできているのはTASKの学びが基礎にあるから

お客さまに「素敵ね」と言っていただくときにやりがいを感じます

私が働く窯元は九谷焼の産地・石川県にあり、成形から、素焼き、下絵付け、本窯焼き、上絵付けまでを一貫して行っています。生み出される器はすべて手づくり、手描きのもの。入社2年目の私は絵付けを中心に制作に従事。ほぼ手作業なのでいかに丁寧に早く描けるをいつも考えています。やりがいを感じるのは、お客さまに「素敵ね」と言っていただくときです。

右へ
左へ

TASKで初めて絵付けを学び、面白さを知りました

実はTASKに入るまで絵付けをしたことはなく、在学中に初めて絵付けを学びました。絵画とは違う、絵の具の溶き方や色の出し方、筆の使い方などを丁寧に教えていただき、どんどんハマっていったのです。今、絵付けを仕事にできているのもTASKの学びが基礎にあるからだと思います。

右へ
左へ

近い将来、絵柄のデザインも任されるようになりたい

TASKで学ぶうち、ろくろより絵付けのほうが自分には合うと感じ、仕事にしたいと思うようになりました。現在の窯元では、茶碗や小皿などさまざまな陶器への絵付けを担当しています。今はまだ勉強中で、先輩に教わりながら絵柄をひたすら描く日々。今後は自分が考えた絵柄を打ち出していきたいと思っています。

右へ
左へ

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
京都伝統工芸大学校(専修学校/京都)