• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 国際動物専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮本 耶摩弥さん(動物看護・理学療法学科/動物看護師)

東京都認可/専修学校/東京

コクサイドウブツセンモンガッコウ

動物たちの気持ちをしっかりと受け止めたい!

先輩の仕事紹介

動物たちの元気になった姿と、飼い主さんの笑顔に接することが何よりの喜びです!

動物看護師
動物看護・栄養学科/2016年3月卒
宮本 耶摩弥さん

この仕事の魅力・やりがい

動物看護師として働き始めて4年目。ドクターの指示に従いながら、毎日さまざまな状態の動物と接しています。痛みや不快感を言葉に出せない動物たちですが、その表情やしぐさから、気持ちを読み取れたかな、と感じることも増えてきました。来院した時には歩くのが困難で、自力で排泄ができないばかりか、ご飯を食べることも難しかったほどの動物が、手術や治療によりみるみる元気になっていく様子を見届けられることが、この仕事の一番のやりがいです。それと同時に、元気になった愛犬や愛猫をお迎えにいらした飼い主さんの笑顔を見られることも、大きな喜びになっています。診療科目は多岐にわたるので、いまは日々の仕事のすべてが勉強です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から動物が大好きで、将来は動物に関わる仕事がしたいと思っていました。どうすれば動物が健康で長生きができるのかを考えていた時に、動物医療という分野を知ったんです。国際動物専門学校在学中に、インターンシップなどを通して多くの動物病院を見てきましたが、日本橋動物病院に就職を決めたのは、飼い主さんに見えないところでも細かく配慮し、深い愛情を持って接するスタッフが揃っていたことが決め手でした。昨年はラスベガスで最新の整形外科看護を学ぶセミナーにも参加させていただき、知識が増えていくことが嬉しいです。動物看護もそうですが、今後はトリミングの技術も高めたくて、練習を重ねているところです。

動物が安心できる雰囲気づくりを心がけています

学校で学んだこと・学生時代

学校では基本的な医療知識、カルテ用語、手術器具の名称と用途など、臨床の現場で役立つことを学びました。履修科目が多かったうえ、動物看護師統一認定資格、動物栄養管理士、キャットスペシャリストなどの資格取得に挑戦するなど、人生で一番というくらい勉強に追われた学生生活でしたが、担任の先生を中心に放課後の補講や朝テストなどの対策をしてくださり、頑張り抜くことができました。何より、飼い主さんが安心してペットを任せることができる動物看護師を目指し、同じ夢を持つ仲間たちと競い合い、高め合うことで有意義な2年間を過ごせました。当時使った教科書はいまでも役に立っていますし、友だちとも月に一回は会っているんですよ。

国際動物出身の後輩も一緒に働いています!

宮本 耶摩弥さん

日本橋動物病院 勤務/動物看護・栄養学科/2016年3月卒/動物看護師としての進路を模索していた時に、日本橋動物病院を訪れたという宮本さん。その際、院長先生の動物診療に対する姿勢に感銘を受けたことから就職を決めたという。「常に最新の動物医療を追究しながら、一頭一頭に深い愛情を持って接する姿に、『ここしかない!』と直感しました」と当時を振り返る。現在は仕事で日々動物と接する傍ら、自宅ではハムスターとインコを飼育中。「少しでも長生きしてもらいたいから、体重測定など、日頃の健康管理に気をつけています!」。動物について語るその笑顔には、充実感と楽しさがにじむ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際動物専門学校(専修学校/東京)