• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • ヤマザキ動物専門学校

東京都認可/専修学校/東京

ヤマザキドウブツセンモンガッコウ

ヤマザキ動物専門学校の風景

2017年、創立50周年を迎えた動物看護教育のパイオニア校

動物愛護の精神のもと、学校の都合で実習犬を飼育せずに、一般家庭から愛犬を預かるモデル犬のみを扱います。校舎内に動物病院とペットサロンを併設しており、現場での力を養うため、就職に強くなります。

ヤマザキ動物専門学校のトピックス

ヤマザキ動物専門学校の特長

ヤマザキ動物専門学校の特長1

創立50年の歴史を持つ動物専門学校

ヤマザキ動物専門学校では創立50年の歴史を活かし、動物業界で即戦力として活躍できる専門知識と技術を身につけた真の動物のプロフェッショナルを養成します。入学後は、多くのモデル犬と触れ合いながら、動物看護に必要な基礎的な知識を学習。次に基礎的なテクニックをステップアップさせ、様々な器具の扱い方や、個々の動物に合わせた対応ができるようになります。徐々に将来の目標を明確にしていき、実社会での経験を深めるために、就職活動の準備を開始。基礎をしっかり固めた後は、より専門的な知識・技術を学ぶためにインターンシップを実施。段階的に学ぶことにより、幅広くペット業界で活躍する人材を養成します。

ヤマザキ動物専門学校の特長2

動物病院・グルーミングサロンを併設し、動物専用リハビリ施設も備えた校舎

渋谷区の山手通り沿いに位置する本校舎には全天候型ドッグトレーニング施設や講義室を完備。また、主に実習を行う松涛校舎には、グルーミングやリハビリテーションを学ぶための最新の設備が整っています。また、動物病院(アニマル・メディカル・センター)とグルーミングサロン(シブヤ・ドッグ・ビューティー)が併設しており、通常の営業を行いながら、インターンシップの場としても機能しています。

ヤマザキ動物専門学校の特長3

就職支援課とクラスアドバイザーによるきめ細かいサポートで高い就職率を実現

入学後の最初の指導として、挨拶や敬語の使い方など基本的なマナーの実習を行います。また、校舎に併設した動物病院やグルーミングサロンでのインターンシップを経験後、指定研修先を中心にした学外インターンシップを実施します。その結果、高い就職率を実現(2018年3月卒業者95名の就職状況:就職希望者84名、就職者80名、希望者に対する就職率95%、正社員率96%)。卒業生は、動物病院、グルーミングサロン、ペットショップ、牧場、動物園、水族館、動物関連企業(編集・出版・ペットフード)など幅広い業界で活躍しています。各クラスに配置されたアドバイザーと就職支援課が連携し、学生一人ひとりの就職を丁寧なサポート体制で支援します。

右へ
左へ
ヤマザキ動物専門学校の特長1

創立50年の歴史を持つ動物専門学校

ヤマザキ動物専門学校では創立50年の歴史を活かし、動物業界で即戦力として活躍できる専門知識と技術を身につけた真の動物のプロフェッショナルを養成します。入学後は、多くのモデル犬と触れ合いながら、動物看護に必要な基礎的な知識を学習。次に基礎的なテクニックをステップアップさせ、様々な器具の扱い方や、個々の動物に合わせた対応ができるようになります。徐々に将来の目標を明確にしていき、実社会での経験を深めるために、就職活動の準備を開始。基礎をしっかり固めた後は、より専門的な知識・技術を学ぶためにインターンシップを実施。段階的に学ぶことにより、幅広くペット業界で活躍する人材を養成します。

ヤマザキ動物専門学校の特長2

動物病院・グルーミングサロンを併設し、動物専用リハビリ施設も備えた校舎

渋谷区の山手通り沿いに位置する本校舎には全天候型ドッグトレーニング施設や講義室を完備。また、主に実習を行う松涛校舎には、グルーミングやリハビリテーションを学ぶための最新の設備が整っています。また、動物病院(アニマル・メディカル・センター)とグルーミングサロン(シブヤ・ドッグ・ビューティー)が併設しており、通常の営業を行いながら、インターンシップの場としても機能しています。

ヤマザキ動物専門学校の特長3

就職支援課とクラスアドバイザーによるきめ細かいサポートで高い就職率を実現

入学後の最初の指導として、挨拶や敬語の使い方など基本的なマナーの実習を行います。また、校舎に併設した動物病院やグルーミングサロンでのインターンシップを経験後、指定研修先を中心にした学外インターンシップを実施します。その結果、高い就職率を実現(2018年3月卒業者95名の就職状況:就職希望者84名、就職者80名、希望者に対する就職率95%、正社員率96%)。卒業生は、動物病院、グルーミングサロン、ペットショップ、牧場、動物園、水族館、動物関連企業(編集・出版・ペットフード)など幅広い業界で活躍しています。各クラスに配置されたアドバイザーと就職支援課が連携し、学生一人ひとりの就職を丁寧なサポート体制で支援します。

右へ
左へ
ヤマザキ動物専門学校の特長1

創立50年の歴史を持つ動物専門学校

ヤマザキ動物専門学校では創立50年の歴史を活かし、動物業界で即戦力として活躍できる専門知識と技術を身につけた真の動物のプロフェッショナルを養成します。入学後は、多くのモデル犬と触れ合いながら、動物看護に必要な基礎的な知識を学習。次に基礎的なテクニックをステップアップさせ、様々な器具の扱い方や、個々の動物に合わせた対応ができるようになります。徐々に将来の目標を明確にしていき、実社会での経験を深めるために、就職活動の準備を開始。基礎をしっかり固めた後は、より専門的な知識・技術を学ぶためにインターンシップを実施。段階的に学ぶことにより、幅広くペット業界で活躍する人材を養成します。

ヤマザキ動物専門学校の特長2

動物病院・グルーミングサロンを併設し、動物専用リハビリ施設も備えた校舎

渋谷区の山手通り沿いに位置する本校舎には全天候型ドッグトレーニング施設や講義室を完備。また、主に実習を行う松涛校舎には、グルーミングやリハビリテーションを学ぶための最新の設備が整っています。また、動物病院(アニマル・メディカル・センター)とグルーミングサロン(シブヤ・ドッグ・ビューティー)が併設しており、通常の営業を行いながら、インターンシップの場としても機能しています。

ヤマザキ動物専門学校の特長3

就職支援課とクラスアドバイザーによるきめ細かいサポートで高い就職率を実現

入学後の最初の指導として、挨拶や敬語の使い方など基本的なマナーの実習を行います。また、校舎に併設した動物病院やグルーミングサロンでのインターンシップを経験後、指定研修先を中心にした学外インターンシップを実施します。その結果、高い就職率を実現(2018年3月卒業者95名の就職状況:就職希望者84名、就職者80名、希望者に対する就職率95%、正社員率96%)。卒業生は、動物病院、グルーミングサロン、ペットショップ、牧場、動物園、水族館、動物関連企業(編集・出版・ペットフード)など幅広い業界で活躍しています。各クラスに配置されたアドバイザーと就職支援課が連携し、学生一人ひとりの就職を丁寧なサポート体制で支援します。

右へ
左へ

ヤマザキ動物専門学校の関連ニュース

ヤマザキ動物専門学校の学部・学科・コース

ヤマザキ動物専門学校のオープンキャンパスに行こう

イベント

あしあと祭(文化祭)の詳細

あしあと祭(文化祭)

年に一度の文化祭を今年も開催します! 動物看護・美容・トレーニングなど本校で学べる内容に沿ったブース…

続きを見る

専門職短期大学・専門学校 説明会の詳細

専門職短期大学・専門学校 説明会

専門職短期大学と専門学校の教育内容や入試、学費などについて詳しくご説明します。 説明後は、施設見学や…

続きを見る

ヤマザキ動物専門学校の学費(初年度納入金)

2019年度納入金 動物看護・美容・トレーニング学科 131万4000円

ヤマザキ動物専門学校の就職・資格

卒業後の進路データ (2018年3月卒業生実績)

卒業者数95名
就職希望者数84名
就職者数80名
就職率95%(就職者数/就職希望者数)
進学者数11名
※進学者数には、「進学者」「その他」を含みます。

就職支援

一人ひとりの希望を実現する就職支援プログラムとWインターンシッププログラム

就職支援専門スタッフが常駐し、一人ひとりの就職・進路相談に対応する他、就職活動に備えたカリキュラムが1年次からスタートします。また、インターンシップを正課科目として位置づけ、数多く取り入れることで、本人が自分に適した職に就けるよう指導しています。校舎に併設した動物病院やグルーミングサロンでのインターンシップを経験した後、指定研修先を中心とした学外インターンシップを実施する2段階のプログラムで就職決定力を高めています。

ヤマザキ動物専門学校の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒150-0046 東京都渋谷区松涛2-16-5
TEL:0120-562512 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
渋谷キャンパス 本校舎 : 東京都渋谷区松涛2-16-5 「渋谷」駅から徒歩 15分
「神泉」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

ヤマザキ動物専門学校のブログ・インフォ

  • 2019年09月20日 09:03 BLOG

    情報公開は以下のページからご覧いただけます。 http://senmon.yamazaki.ac.jp/about/infodisc.html

    http://senmon.yamazaki.ac.jp/news/entry/n_page_2231.php

  • 2019年09月18日 13:15 BLOG

    【あしあと祭〜ヤマザキわんにゃんピック〜】 日時:2019年10月27日(日)10:00〜15:30(入退場自由) 場所:渋谷キャンパス2号館 ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 注意事項等 【あしあと祭参加の注意事項】 1.渋谷2号館へのお車での来校はご遠慮ください。近隣の有料駐車場をご利用ください。 2.犬以外の動物の来校はお断りいたします。 3.本学園では、校舎内での飲酒・喫煙を禁止しています。 また、近隣のご迷惑となるような場所での喫煙もご遠慮いただきますようお願いいたします。 4.イベントの内容は変更になる場合があります。ご了承ください。 ************************************************************************ 【犬同伴でご来場の方へ】 <犬の参加条件> 1.今年度の混合ワクチン・狂犬病予防接種済みの犬 2.寄生虫(フィラリア、ノミ、マダニ等)の予防済みの犬 3.発情(ヒート)中でない犬 <注意事項> 1.飼い主様お一人につき犬一頭でご来校ください。 2.当日は同伴許可フォルダーを見えるように首から下げてください。 3.学校の犬舎は使用できません。必要な場合はケージ、キャリーバッグ等を持参してください。 4.寄生虫(フィラリア、ノミ、マダニ等)の予防をしてください。 5.常時首輪・リードを着用してください。 6.犬が排泄した場合は、自己管理または排泄物専用ゴミ箱(犬トイレにあります)に捨ててください。 7.排泄物処理用のビニール袋・新聞紙・ティッシュ等は、各自で持参してください。 8.外での排泄場所(お店の前、個人の家の前等)に注意し、責任を持って処理を行ってください。 9.犬を連れての飲食販売ブース(3階)への立ち入りはご遠慮ください。 10.犬同士の接触、衝突等によるトラブルは、本学園及びモデル犬クラブは一切の責任を負いません。 当日、受付で誓約書にご記入いただきます。事前に下記の誓約書を出力してご記入の上、お持ちいただけますとスムーズに受付いただけます。 誓約書のダウンロードはこちら ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

    http://senmon.yamazaki.ac.jp/news/entry/n_page_2230.php

  • 2019年09月18日 10:20 BLOG

    令和元年6月21日、50年以上にわたり念願でありました、動物看護師を国家資格とする「愛玩動物看護師法」が成立し、同時に「動物愛護管理法」が7年ぶ りに改正されました。 ヤマザキ学園は、創始者山崎良書生誕 100年の記念すべき年にあたり、4月には55年ぶりの学校教育法改正のもと、日本で第1号となる「ヤマザキ動物看護専門職短期大学」を開学いたしました。 動物看護の歴史における新しい幕開けを祝しシンポジウムを開催いたします。 【開催概要】 【第8回ヤマザキ動物愛護シンポジウム〜動物愛護と青少年の教育を考える〜】 日 時:2019年10月12日(土)13:00〜15:00(受付開始12:30) 場 所:山野ホール 東京都渋谷区代々木1丁目53?1 基調講演「動物看護のパイオニアとして 〜創始者の教育への想いを語る〜」 〈座  長〉山 薫   学校法人ヤマザキ学園 理事長・ヤマザキ動物看護大学 学長 パネルディスカッション 「愛玩動物看護師法成立の経緯と展望 〜期待される動物看護師の未来〜」 〈座  長〉山 薫   学校法人ヤマザキ学園 理事長・ヤマザキ動物看護大学 学長 〈パネラー〉林  良博氏  国立科学博物館 館長 〈パネラー〉酒井 健夫氏 公益社団法人日本獣医師会 顧問 〈パネラー〉森本 英香氏 環境省 顧問 主 催:学校法人ヤマザキ学園 参加費:無料 申し込み方法:ハガキ、FAXまたはこちらよりお申し込みください。

    http://senmon.yamazaki.ac.jp/news/entry/n_page_2229.php

  • 2019年09月02日 16:01 BLOG

    1年生が、7月19日に国立科学博物館へ行ってきました。その一部をレポートいたします。 はじめに見学ガイダンスを実施し、博物館の目的・意義、国立科学博物館の歴史や展示の見所、工夫されている点等について聴講し、博物館への知識を深めることができました。 ガイダンス後は『観察する』ことを意識し、館内を見学しました。 通常では間近に見ることのできない野生動物も、剥製となっていることで、じっくり観察することができました。学生は犬や猫を中心に勉強しているため、特に哺乳類の生態に関する展示に興味を持って見学していました。また、映画化され世界的に有名な「カラフト犬(ジロ)」や本校所在地である渋谷のシンボル「ハチ公」の剥製も展示されており、学生が記念写真を撮る姿がみられました。 博物館ならではの多種多様な生物の展示を観ることで新しい発見をしたり、今学んでいることの意味を考える良い機会となったようです。

    http://senmon.yamazaki.ac.jp/news/entry/n_page_2228.php

  • 2019年08月28日 15:34 BLOG

    渋谷区が主催するイベント『渋谷防災フェス2019』において、本校の学生と教職員が「ペットと防災」をテーマにブースを出展します。 災害時に飼い主とペットが離ればなれにならないように連絡先を記載できる本学園オリジナルの「迷子札」の無料配布や、併設校のヤマザキ動物看護専門職短期大学教員による「ペットの防災ミニセミナー」の他、学生による「ペット防災クイズ」を開催。 また、日本動物福祉協会新東京支部によるマイクロチップの解説「マイクロチップってなぁに?」を実施。 家族の一員であるペットの防災を考えるイベントに、是非ご参加ください。 <日時> 8/31(土)12:00〜16:00 9/ 1(日)10:00〜16:00 <場所> 代々木公園イベント広場 詳細はコチラ

    http://senmon.yamazaki.ac.jp/news/entry/n_page_2227.php

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内(募集要項、入学願書)
ヤマザキ動物専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる