• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ECCコンピュータ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ITカレッジ
  • ITビジネスサポートコース(2年制)

大阪府認可/専修学校/大阪

イーシーシーコンピュータセンモンガッコウ

ITビジネスサポートコース(2年制)

定員数:
40人

初年度学費20万円免除。パソコン活用能力とビジネス資格を手にし、幅広い仕事がめざせます。

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 経営工学

    企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える

    経営に関する問題を工学的アプローチによって解決し、効率的で合理的な経営システムを構築しようとするのが経営工学です。経験や勘だけではたどり着けない、経営における真理をみつけるため、種々の問題を数学的に分析。より普遍的で、ムリ、ムダ、ムラのない経営体系を考えます。経営学は実際の組織運営から方法を学ぼうとするのに対し、経営工学が数学的分析に基づいて課題解決を目指す、といった違いがあります。卒業後の進路としては、生産管理、品質管理をはじめ、人事、財務、企画広報など、さまざまな選択肢があります。物事を俯瞰して分析する力は、システムエンジニアやプロジェクトマネジャーとしても重宝されるでしょう。もちろん、起業して経営者になるという道もあります。

目指せる仕事
  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • 人事

    企業の採用や人材育成などのマネージメント役

    人事の仕事は大きくわけて4つ。(1)人事、(2)教育、(3)採用、(4)労務、だ。人事部は企業内の異動や配属などのマネージメントを行う。これは企業の活性化にかかわる重要なポイント。社員一人一人のパーソナル・データバンクとも言われるところで、それだけに責任重大。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • PCインストラクター

    パソコンの基本操作やソフトの使い方をわかりやすく指導

    パソコンスクールやパソコン教室で、一般のユーザーに対して、パソコンの基本操作や代表的なビジネスソフトの使い方などを指導する。パソコン初心者や操作経験の浅い人を教えることも多いため、単にパソコンに詳しいだけではなく、初心者が戸惑いがちなポイントを押さえてわかりやすく指導する技術も大切になる。資格がなくても仕事に就くことはできるが、ソフトメーカーや業界団体などが認定するインストラクター資格を取得して活躍している人が多い。企業や個人宅に出張して指導する場合もある。

初年度納入金:2019年度納入金 118万円  (※教材費・諸経費が別途必要。)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

実践的な学びを通じて、IT業界を運用面でサポートする技術を身につける
ITの基礎知識やOffice系ソフトの活用技術など、社会人として必要なパソコンに関する知識・技術を身につけます。また、秘書検定やサービス接遇検定、MOSなど多彩なビジネス資格を取得。資格を活かした実践的な学びが魅力です。

カリキュラム

IT基礎知識+ビジネススキルを習得
さまざまなビジネスシーンを想定した文書や表などを一から作成する力を身につけると共に、ビジネスに必要なコミュニケーションや立居振る舞いをロールプレイングやディスカッションにより実践的に習得。情報解釈力や状況判断力も身につけられます。

授業

社会人としての行動や考え方も、授業で身につく
本コースでは、「自社の商品をお客様にどうやって多く売るか」ということを考えるマーケティングの授業、「自社の商品の良さを、お客様にどのように伝えるのか」を考えるプレゼンテーションの授業、オンライン上で店舗経営をするビジネスシミュレーションの授業など、社会人として必要な考え方が授業で身につきます。

卒業後

パソコン活用能力とコミュニケーション能力を備えた人材は、幅広い業界に就職が可能
本コースでは、コンピュータ活用能力とコミュニケーション能力を備えた人材の育成を目的としているので、メーカー・金融・商社・小売・外食・サービスなどあらゆる業界への就職が可能です。
理想の就職を実現するためのサポートが充実。大手・大手系列IT企業への就職にも強い
憧れの業界や職種に就職するためのサポート体制が充実。進路指導部とクラス担任が連携し、一人ひとりの希望に沿った就職指導を行います。また学内で、210社以上のIT企業が業界セミナーや採用説明会を行うので、企業の採用担当者から直接情報を入手可能。大手・優良企業からの学校経由・学校推薦の求人もあります。

オープンキャンパスに行こう

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) (Word・Excel) 、
    • サービス接遇検定 (3級・2級・準1級) 、
    • ビジネス実務マナー検定 (3級) 、
    • ビジネス文書検定試験 (3級)

    ビジネス電話検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    旭情報サービス 、 サンウェル 、 アイスター 、 サービス&セキュリティ ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0015 大阪市北区中崎西2-3-35
フリーダイヤル0120-000-544
comp@ecc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区中崎西2―3-35 「大阪梅田(阪神線)」駅から徒歩 8分
「大阪梅田(阪急線)」駅から徒歩 8分
「大阪」駅から徒歩 8分
「中崎町」駅から徒歩 1分
「梅田(大阪市営)」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内